酒買取業者徹底比較!

クリュッグ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、クリュッグについても紹介します!

  1. クリュッグ買取
クリュッグ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

クリュッグ買取におけるおすすめ酒買取業者

シャンパン【クリュッグ】

クリュッグはお酒の種類で言うと【シャンパン】に属します。
ですので、クリュッグ買取におけるお勧め業者やシャンパンの詳しい定義は下記のページをご覧ください。
実際に様々なシャンパンの買取を依頼した上で最も高くシャンパンを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>シャンパン買取のおすすめ業者はこちら

また、クリュッグのシャンパンに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

クリュッグの価値と概要

シャンパン【クリュッグ】ラベル

シャンパンの中で最も高額といわれるクリュッグ。

こだわり抜いた製法と手間により引き出される味わい、そして重厚な芳香はまさにシャンパンの帝王と呼ばれるに相応しい存在です。
クリュッグの魅力に取りつかれ、もはや「シャンパンはクリュッグ以外飲まないといった”クリュグスト”なる熱心な愛好家が多く存在することでも有名です。

クリュッグが使用するブドウは、ビノ・ノワール、ビノ・ムニエ、そしてシャルドネです。
選び抜かれた最高峰のブドウを使用しているのはもちろんのこと、一次発酵の際に225リットルのフレンチオークの小樽を限定して使用するという、非常に手間のかかる方法で作られています。
この小樽はバリックと呼ばれ、天候や湿度によっても味が変化してしまうデリケートな手法ですが、引き換えに生み出される深い味わいは他では味わうことの出来ない魅力です。
クリュッグは、バリックを使用している唯一のグランメゾンなのです。

ビンにクリュッグが注がれてからも短いものでも最低6年間は寝かせるという徹底ぶりで、手間と年月、そして美味しさへのこだわりが生む深い味わいは交響曲とも比喩され、世界中にファンが存在しています。
ボトルを開けた瞬間に部屋の隅々にまで香りが広がる程の濃厚な香りは、まさに逸品のシャンパンであるクリュッグならではの芳香、味わいだけでなく、真摯に伝統と質を守り続ける姿勢も世界で人気の要因です。

クリュッグは1843年、ドイツ出身のヨーゼル・クリュッグによりフランス北部の街ランスに設立され、その高い品質と香り高い芳香で19世紀後半にはイギリスにもその名が広がり高値で売買され、一躍有名シャンパンとして名を馳せました。
そして第二次世界大戦後には、年代の異なるワインを混ぜて新たな味を生み出すといった手法を確立し、シャンパン界に革命を起こしています。

現在はルイヴィトンやヘネシーなどで有名なリシュモンの傘下で運営が継続されており、6代目であるオリヴィエ・クリュッグが当主を務めています。
創業以来150年以上にわたって受け継がれる伝統は変えられることなく、シャンパン界において最も信頼のおけるメゾンだと称されています。

クリュッグの中で最も一般的な種類がグランド・キュヴェと呼ばれる種類で、収穫年が異なる様々なブドウを配合して制作されていますが、その配合比率は非公開となっています。
グランド・キュヴェの中でも最も流通量の多いマルチ・ヴィンテージの販売価格は、17000円程となっています。
他にもクロ・デュ・メニルやヴィンテージコレクション、ロゼなどの種類が数多くあり、その中でもヴィンテージは並外れて高品質のブドウが出来た年のみ限定製作され、価格も比例して高額となります。

クリュッグはどれも他のシャンパンと比べて価格帯が高額なメゾンではありますが、その中で最も高価な種類はクロ・ダンボネといい、1995年のヴィンテージの希望小売価格は52万円程と、群を抜いた高級シャンパンであることが窺えます。
こだわり抜いた伝統の製法、そして歴史とファンの多さ、どれをとってもまさに”別格”の名に相応しいシャンパンです。

クリュッグは非常に高い価値を秘めている可能性がありますので、家で眠らせている場合はまずは査定を依頼する事をおすすめします!
査定依頼の際には、正確な査定価格を知る為に複数のお酒買取業者で相見積もりを取る事は忘れないようにしましょう。

>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール