酒買取業者徹底比較!

バーボン買取におけるおすすめ買取業者と定義についてご紹介します。

  1. バーボン買取
洋酒買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

バーボン買取におけるおすすめ業者

お酒買取ファイブニーズ

バーボンとは厳密に言えば「バーボン・ウイスキー」という名称であり、買取業者もウイスキーと同じ括りで考えています。
ですが、私が売ったバーボンは二本だけでしたがバーボンの買取を依頼した際に最も高かった買取業者は「ファイブニーズ」でした。
これからバーボンの買取をお考えであれば、是非参考にしてください。
もし、【お酒の総合的な買取】や【様々な洋酒】の買取をお考えであれば、下記リンクとサイドバーからも御覧いただけますので、そちらもご参考にしてください!

ファイブニーズの公式サイトはこちら>>


お酒買取業者比較はコチラ

バーボンの定義について

バーボンは正式名称で【バーボン・ウイスキー】と呼ばれ、ウイスキーを更に細分化した中の一種類です。
ウイスキーの中でも特定の条件を満たすものが、一般的に【バーボン】と呼ばれており、有名な銘柄であれば「アーリータイムス」があります。
上記の事から、バーボンの事を「ウイスキー」と言っても全く間違いではありません。

では、バーボンと呼ばれる厳密な定義ですが、次の二種類を満たす事が挙げられます。
1:主原料であるトウモロコシが51%以上80%未満であり、アルコール度数が40%以上である 2:内側を焦がしたホワイトオーク製の新樽で二年以上熟成させる。

上記二点を満たして作られたウイスキーはバーボンと呼ばれます。
上記でトウモロコシの原料が80%を超えたものは「コーンウイスキー」と呼ばれ、どちらかを片方でも満たさないウイスキーは当然ですが「バーボン」とは名乗れません。
そして、バーボンに関しては製造された地域は特に問わない為、バーボンの地で製造したウイスキーだからと言ってバーボンと呼べるわけでもありません。

では、何故上記の条件に沿ったウイスキーはバーボンと呼ばれるかというと、上記の原料と製法を満たしたウイスキーが製造された地域がアメリカのケンタッキー州のバーボン群だったからです。
ウイスキーにはバーボン以外にも「コニャック」など様々な名称のウイスキーがありますが、大体のウイスキーは上記のような製法が確立された地域の名称から取られています。

そして余談ではありますが、「バーボンの地域で作られたウイスキーは全てバーボン」と話す方もたまにいられますが、これは間違いです。
バーボンの定義は過去に一度再定義されていて、昔は【ケンタッキー州で作られたコーンウイスキー】は全てバーボンと呼ばれていましたが、現在は上記で説明した定義へと変更されています。

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール