酒買取業者徹底比較!

クルボアジェ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、クルボアジェについても紹介します!

  1. クルボアジェ買取
クルボアジェ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

クルボアジェ買取におけるおすすめ酒買取業者

ブランデー【クルボアジェ】

クルボアジェはお酒の種類で言うと【ブランデー】に属します。
ですので、クルボアジェ買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にブランデーの買取を依頼した上で最も高くブランデーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ブランデー買取のおすすめ業者はこちら

また、クルボアジェに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

クルボアジェの価値と概要

ブランデー【クルボアジェ】ラベル

【クルボアジェ】はクルボアジェ社によってコニャック地方で作られるブランデー(コニャック)です。
クルボアジェ社が生み出すブランデー(コニャック)は、その高貴な味わいと香りから現在世界においても愛飲者が多い事で有名です。

【クルボアジェ】と言うと、二つの意味で【ナポレオン】との密接な関係があります。

一つは、かの有名なフランスの革命家【ナポレオン・ボナパルト】です。
クルボアジェ社は1805年にワイン商「エマニュエル・クルボアジェ」によって創業されてからほどなくして、ナポレオン1世に自社のコニャックを献上しています。
ナポレオン1世はこの時に飲んだコニャックのブランデー(コニャック)の味わいが大変気に入り、クルボアジェの酒庫にまで足を運んでいます。

そして、時は経ち1869年の事です。当時、フランス第二帝政の工程であったナポレオン3世もクルボアジェのブランデー(コニャック)を好んでいた事から、この時代にナポレオン3世ご用達の酒に選ばれています。
二人のナポレオンから愛飲されたクルボアジェのコニャックは、後に【ナポレオンのコニャック】と呼ばれています。

そしてもう一つ、ブランデーとしての【ナポレオン】というのは、シリーズやメーカーの名前ではなく【ブランデーのランク】を表す言葉です。
ブランデーのラベルに「VO」「VSO」「VSOP」「XO」というローマ字が記載されているのを見た事があるかと思いますが、これらは【ブランデーのランク】を表していて、 【ナポレオン】もそれらと同じ意味を持つ言葉なのです。

その為、ブランデー選びで【ナポレオン】と言うのは【VDOP】と言うのと同じで、【ナポレオン】を名乗る種類のブランデーはたくさん存在します。
また、一般的には【ナポレオン=高級なブランデー】という認識を持たれています。
大体その通りなのですが、この考え方には一つだけ注意点があります。

基本的にナポレオンのランクは「XO」と並ぶほど高いのですが、表記の規制の関係上からナポレオンを名乗っていても、一本2000円前後の安いブランデーが存在します。
その為、必ずしも【ナポレオンのブランデー=高級ではない】という事なのです。

少々話が脱線しましたが、上記からナポレオンを名乗るブランデーは多く存在しますが、クルボアジェはナポレオン本人から認められたブランデー(コニャック)という事もあり、 世界で初めてナポレオンの名を冠したお酒なのです。

そんな、クルボアジェのブランデー(コニャック)の価値ですが、種類によって様々です。
VSOPランクであれば一本3000円前後、XOランクだと8000円前後から取引されています。
ですが、クルボアジェのナポレオンとなると一本当たり20000円前後から取引されるようになります。

更に、バカラのクリスタルボトルに封入されたものならば価値は跳ね上がり、20万前後でも取引されていますし、 クルボアジェナポレオンのアンティークボトルとなるとその価値は30万円を超えるものもあります。
クルボアジェといっても種類によって上下はありますが、基本的に家で見つければ「高級なお酒かもしれない」と考えるべきです。

ですので、【クルボアジェ】のブランデーが見つかり、飲まずにおいているだけであれば、まずは一度査定をお願いする事をおすすめします!
置いておくだけでは非常にもったいないお酒ですし、もしかしたら非常に高額な買取価格を提示してくれるかもしれません。

買取を依頼する際には、高価なお酒ですので複数のお酒買取業者に相見積もりを取る事を忘れないようにしましょう。

>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール