酒買取業者徹底比較!

グレンモーレンジ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、グレンモーレンジについても紹介します!

  1. グレンモーレンジ買取
グレンモーレンジ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

グレンモーレンジ買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【グレンモーレンジ】

グレンモーレンジはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、グレンモーレンジ買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら
また、グレンモーレンジに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

グレンモーレンジってどんなお酒?

ウイスキー【グレンモーレンジ】

グレンモーレンジとはスコットランドで最も売れているウイスキーであり、日本においても高い知名度を誇る人気のお酒です。
グレンモーレンジはゲール語で「大いなる静寂の谷間」との意味を持ち、創業地のスコットランド・ハイランド北部は巡礼地としても栄えているほか、ビールやレモネードの名産地としても有名な、自然溢れる豊かな土地です。

グレンモーレンジは元々はビール工場であった場所を改装し、ウイスキーの製造に乗り出したのが始まりだといわれています。
しかし当初は設備も不十分で製造も本格的ではなかったため、ウイスキー研究家からも「古ぼけた蒸留所」だと批評されてしまうこともありました。
この批評が表現するように、設立当初は資金不足のためにスチルを2基しか持てなかったものの、企業の成長に伴い4基、現在は8基へと増設されています。

グレンモーレンジが使用する蒸留器はスコットランド中で最も長い首を持つことでも知られ、そこから生まれる華やかな味わいは独自の個性として唯一の味わいを誇ります。
このスチルは元々はジンの製造に用いられていた蒸留器を中古で流用したことが始まりであり、煙突のような首はなんと5メートル以上もの長さになります。
樽は米・ミズーリ州のホワイトオークを用いた自社製のものを使用し、ジャック・ダニエルなどに賃与していることでも有名です。

グレンモーレンジと他のウイスキーの違いは、仕込み水に硬水を使用している点です。
仕込み水はターロンギーの泉から引かれ、地下深くの石灰岩と砂岩の中から湧き出てておりミネラル分を豊富に含んでいます。
硬水を用いることで風味がさらに豊かなものとなり、グレンモーレンジ特有の深い味わいへと繋がっているのです。

グレンモーレンジの生産地である北ハイランドで製造されるシングルモルトはどちらかといえば力強い味わいになる傾向にありますが、グレンモーレンジは他と違いエレガントな風味を持つ珍しいウイスキーとしても知られています。
柑橘系の香と甘みを持ち、ライトで華やかな味わいが特徴でありシングルモルトとしては非常に珍しい風味であることでも知られています。
グレンモーレンジは現在はルイヴィトンやヘネシーで有名なLVMH社の傘下へ参入し、世界でも高い知名度を誇るウイスキーへと成長しています。

かつては門外不出のウイスキーとして重宝されていたグレンモーレンジの現在の価値は、正直いえばピンからキリまで差が大きいです。
1977年や1971年などの古いものであれば買取価格は2万円を超えることもあり、臨時収入としては十分な額を手にすることが出来ます。
一般的に流通している、現在は「オリジナル」と表記されている10年のものであれば、だいたい3000円程度の価値に留まります。
もし3000円くらいだったら買取は別に良いや、と思った場合はぜひ一度封を開けて飲んでみてください。
他のシングルモルトとは一味違う、華やかで軽やかな味わいを体験できることは素晴らしいことです。

グレンモーレンジに限らずお酒の買取価格は箱有・箱なしでも変化します。
箱付きで保管しているのであれば、買取の際は箱や付属品も一緒に提出するようにすると買取価格の上昇に繋がる可能性があります。

もしお酒は飲まないけれどグレンモーレンジが手元にあるといった場合であれば、ぜひともお酒買取の利用をおすすめします。
手元にあるグレンモーレンジが古い年代の場合は驚きの高額に化けることもありますので、複数のお酒買取業者から見積もりをとって価格を比較すると損をせずに済みます。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール