酒買取業者徹底比較!

ポリニャック買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ポリニャックについても紹介します!

  1. ポリニャック買取
ポリニャック買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ポリニャック買取におけるおすすめ酒買取業者

ブランデー【ポリニャック】

ポリニャックはお酒の種類で言うと【ブランデー】に属します。
ですので、ポリニャック買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にブランデーの買取を依頼した上で最も高くブランデーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ブランデー買取のおすすめ業者はこちら

また、ポリニャックに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ポリニャックの価値と概要

ブランデー【ポリニャック】ラベル

【ポリニャック】とは、西暦860年から長い歴史を持つフランス貴族の名前を冠したブランデーです。
特にフランス国内では絶大な人気を誇り、高級なポリニャックからスーパーで気軽に購入できる安価な種類まで豊富なラインナップが存在しています。
強いボディと樽の香りのするキリッとしたボディが特徴で、その伝統的な芳香と味のふくよかさから、フランスでのマーケットではトップクラスのシェアを誇る人気があります。

ポリニャックの名前の由来は、代々続く貴族の旧家「ポリニャック」が、その美味しさと品質を認め、自身の家名と紋章をこのブランデーに使用しても良いとの許可を与えたことに遡ります。
ポリニャックの前身は、フランスでコニャックの製造を営んでいた「H.ムニエ社」で、設立は1858年となります。
当時商業船の船長であったアンリ・ムニエ氏が義父のブドウ園のオーナーであるウジェーヌ・ベレと共に興したブランデーメーカーで、その味わいが名門貴族であるポリニャック家から高く評価されたことより、今の名前を授かりました。
対外貿易顧問を務めるポリニャック公爵のもとでブランデー「ポリニャック」は国外にも販路を拡大し、自身のブランドと知名度を向上させることに成功します。

1957年に行われたエリザベス2世歓待の際にはポリニャックのブランデーが用いられ、その2年後にはデンマーク王のフレデリック9世からも「デンマークの宮殿にも勝る味」との賞賛を授かるなど、ヨーロッパ全土より高い支持を得ているブランデーです。

ポリニャックに使用されるブドウは全てがユニコープ(シャラント地方葡萄園業者協同組合)から調達されたものを使用しており、厳選のうえに購入に至るため非常に酒質が良いことも特徴となります。
コニャックが入ったボトルの芸術性も高く評価されており、視覚的にも楽しむことが出来るためにコレクションとしても人気があります。

樽をイメージしたデザインが特徴である「ポリニャック・リムーザン」は、熟成にフランス産のリムーザン地方のオーク樽を使用し、その豊かな味わいとリンクする佇まいも人気の理由に挙げられます。
人気の高い「リモージュ・クレスト」は陶器製のボトルであり、ベルサイユが宮殿の白、マルセイユは海、そして革命家の情熱をイメージしたバスティーユで構成され、美しいデザインと相まって知名度の高いブランデー(コニャック)となります。

そして高級クリスタルガラスメーカーであるセーブル・クリスタルがボトルを手掛ける「ポリニャック・クリスタル・セーブル」も高級ブランデーとして非常に人気があり、高値で売ることが出来るのです。
ポリニャックは種類も非常に多いために買取価格もピンからキリまでですが、高いものでプレミアがついている種類であれば5万円以上もの価格で取引されることもあります。

ポリニャックの美しいボトルデザインに惹かれコレクションする方も数多くいますので、中古のポリニャックの価値も比較的安定しています。
もし家に眠っているポリニャックがあれば、そのまま置いておかずに一度査定を受けてみることをお勧めします。
高額なポリニャックを安く買いたたかれてしまわないためにも、なるべく複数の買取店より相見積もりを取ることを忘れないようにしましょう。

>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール