酒買取業者徹底比較!

スプリングバンク買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、スプリングバンクについても紹介します!

  1. スプリングバンク買取
スプリングバンク買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

スプリングバンク買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【スプリングバンク】

スプリングバンクはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、スプリングバンク買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、スプリングバンクに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

スプリングバンクってどんなお酒?

ウイスキー【スプリングバンク】

スプリングバンクとはスコットランドで製造されるウイスキーで、モルトウイスキーの中で最も塩味が引き立つ絶妙な味わいを有しています。
スコットランドのキャンベルタウンに蒸留所を構え、ミッチェル家が代々独立資本で運営を行っている家族経営で、規模こそ大きくないもののその味わいは大手にも匹敵するほどに質の良いものです。
キャンベルタウンはかつては30以上もの蒸留所が存在しており20世紀の初頭にはスコッチウイスキーの街として栄えていた場所ですが、現在唯一安定した稼働を行っているのはスプリングバンク蒸留所のみとなっています。

スプリングバンクの製造方法は一部を2回蒸留する二回半蒸留を用いており、個性豊かな味わいを持ち愛好家も多く存在しています。
使用する麦芽は全て自家製のフロアモルティングを用い、家族経営ながらもスプリングバンクはボトリング施設も保有しており、自社で瓶詰も行っていることも特徴です。
スプリングバンク蒸留所はスプリングバンクの他にもロングロウ、ヘーゼルバーンの2種類のウイスキーを製造しています。

スプリングバンクは10年や15年、18年など熟成年数が表記されているものや、セラミック、キングスバリーなど名称がついているもの、限定品のカスクストレングスやストーンジャグなど様々な種類があり価値はそれぞれですが、珍しいボトルには高額がついています。
中でもイエローラベルなどの旧ボトルは非常に高い価値を持っており、ウイスキー買取においても良い買取額で売ることが出来ます。

スプリングバンクのフラゴンというオールドボトルは愛好家の中では非常に有名であり、1980年代に流通していた陶器のボトルで丸い形状をしているのが特徴です。
オールドボトルの中では驚くような希少性はないために現在の価値も4万円前後に留まっていますが、お酒買取を利用すれば臨時収入としては十分な金額を手にすることが出来ます。
他にもスプリングバンクの1966年など他にも人気のあるオールドボトルは存在し、こちらは現在では30万円近い価値を持つ高級ヴィンテージボトルです。

お酒の栓としてコルクが用いられているものが多いですが、コルク栓は少しずつ中身が蒸発してしまうためお酒を長期保存していると内容量が少し減っており、味わいが変わってしまっていることもあります。
そのため自宅で眠っており今後も飲まないお酒があれば、劣化してしまわないうちのお酒買取をお勧めします。

しかし価値のあるスプリングバンクを見分けるのは、お酒に詳しい方であれば知識があるので簡単ですが、詳しくない方であればどれが価値のあるボトルか分かりにくい状態になっているのではないでしょうか。
現在は写真を添付したメールをお酒買取業者へと送信しどれくらいの価値があるか質問するだけで、その買取店のおおよその査定額を教えてもらうことが出来ます。
複数の業者へ同時期に質問することができるので便利な方法ですし、お酒の現物を直接見せることなくおおよその価値を知ることが出来ますので非常にスピーディです。

お酒買取店ごとにウイスキー高価買取のポイントは少しずつ異なってきますので、同じボトルであってもお店ごとにそれぞれ違う値段が提示されます。
同時に3、4店から見積もりを取ることが出来れば買取店ごとの査定額を比較することが出来るので、その中から最も高い価格のお店を自分自身で選ぶことが出来ます。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール