酒買取業者徹底比較!

竹鶴買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、竹鶴についても紹介します!

  1. 竹鶴買取
竹鶴買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

竹鶴買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【竹鶴】

竹鶴はお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属します。
ですので、竹鶴買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、竹鶴に限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

竹鶴ってどんなお酒?

ウイスキー【竹鶴】ラベル

竹鶴とは、かの有名なニッカと同じ会社で販売されています。
【ジャパニーズウイスキー】に属する洋酒で、一部のプレミアムウイスキーの竹鶴以外は【ピュアモルト・ウイスキー】に分類されます。
【ピュアモルト・ウイスキー】と【シングルモルト・ウイスキー】は定義が良く似ていますが明確な違いがあります。

両者ともに原料に大麦を100%使用するという定義に関しては同様です。
上記に加え、シングルモルトは単一の蒸留所で造られたウイスキーでしか認められませんが、ピュアモルトの場合は複数の蒸留所で造られたウイスキーを混ぜても良いという特徴があります。

ここでのポイントは、ピュアモルトは必ずしも複数の蒸留所のウイスキーを混ぜる必要はないと言う点です。
大麦100%に加え、複数の蒸留所のウイスキーを混ぜるウイスキーは【ヴァッテドモルトウイスキー】と呼ばれています。
つまり、シングルモルトかヴァッテドモルトどちらでもピュアモルトと名乗る事が可能です。

ウイスキー【竹鶴】は「ブレンデッドウイスキー」のように飲みやすいピュアモルトウイスキーを」というテーマを基に生まれたウイスキーです。
その為、モルトウイスキーの特徴である【深いコクと香り高さ】を持ちながらも【柔らかな味わい】が特徴の非常に飲みやすいウイスキーという特徴があります。

竹鶴は2000年に【竹鶴12年ピュアモルト】として販売されました。
翌年以降に【竹鶴17年ピュアモルト】【竹鶴21年ピュアモルト】【竹鶴25年ピュアモルト】が次々と販売され、 ウイスキーとしての高い満足感が得られ飲みやすく、年代ごとに完成度の高い様々な熟成された味わいが楽しめる竹鶴の人気はどんどん広まり、日本を代表する高級ピュアモルトウイスキーとして名が広がりました。

その後、世界で様々な名誉ある賞を受賞した事から、竹鶴ブランドは国際的にも高く評価されています。

竹鶴の安価なものは2000~3000円ほどで入手する事ができますが、25年物や30年物、35年物の竹鶴となると値段は20万以上でなければ購入できません。
更に、竹鶴35年プレミアムボトルというブレンデッドウイスキーとなると40万を超える価格で取引がされています。

もし、上記のような高すぎる竹鶴でなくても、〇〇年といった熟成された竹鶴をお持ちであれば、高い買取価格が大いに期待できますので、竹鶴を飲まずに家で余らせている位であれば、相見積もりを取得後に買取をお願いする事をおすすめします!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール