酒買取業者徹底比較!

百年の孤独買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、百年の孤独についても紹介します!

  1. 百年の孤独買取
百年の孤独買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

百年の孤独買取におけるおすすめ酒買取業者

焼酎【百年の孤独】

百年の孤独はお酒の種類で言うと【焼酎】に属します。
ですので、百年の孤独買取におけるお勧め業者や「焼酎自体」についての詳細情報は下記のページをご覧ください。
実際に様々な焼酎の買取を依頼した上で最も高く焼酎を買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>焼酎買取のおすすめ業者はこちら

また、百年の孤独の焼酎に限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

百年の孤独の価値と概要

焼酎【百年の孤独】ラベル

【百年の孤独】は宮崎県にある酒造メーカー「黒木本店」より発売されている大麦を原料とした麦焼酎です。
名前は同名の小説で有名な【百年の孤独】から由来しています。

黒木本店の歴史は長く、創業明治18年と現在では100年を超える老舗酒造メーカーです。
【酒造りは農業である】という考え方をもっていて、自分たちで育てている原材料には、独自で作った有機肥料を使用しており、長年の間【土に根差した酒造り】を続けてきました。

そして、百年の孤独は製造方法にも大きな特徴があります。
一般的な焼酎は蒸留後にすぐに瓶詰めを行い出荷されるのですが、【百年の孤独】は蒸留後、ウイスキーの様にホワイトークの樽で寝かせて熟成を行います。
「3年」「4年」「5年」と三種類の熟成期間を持つ原酒を造り、その三つをバランスよくブレンドさせたものが【百年の孤独】として出荷されます。
ウイスキーで言うと「ピュアモルト」と似たような製造方法ですね。

ウイスキーと製造方法も原料も似ているので、【百年の孤独】の仕上がりは麦焼酎ながらもウイスキーといった洋酒に近いものとなっています。
液色はうすい琥珀色でアルコール度数も40度と焼酎定義の限界度数です。更に、強烈なアルコールの中に甘みを感じられる味わいや口の中に麦の香ばしさが広がる香り、呑み方においてもストレートやロックで飲まれる事が好まれます。

上記を見ると、「完全にウイスキーじゃないか」と思われてもおかしくはないのですが、百年の孤独は【世界の蒸留酒と同じ様に飲んでもらえる焼酎】をコンセプトに生まれた焼酎ですので、人々にウイスキーと思ってもらう事は大きな狙いなのです。
ですので、【百年の孤独】は見た目に関しても洋酒をイメージしたものに仕上がっているのです。

そんな【百年の孤独】の価値に関してですが、通常販売されるものは一本当たり7000円前後で取引されています。
価格的には森伊蔵魔王などと比べると入手しやすい価格帯ではありますが、入手は非常に困難です。
生産本数が少なく人気が非常に高い焼酎の為、店頭で購入できる事はほとんどなく、大手百貨店で抽選にて販売される程度の流通量だからです。

そして、【百年の孤独】には特殊なボトルで製造されたプレミアムボトルが存在します。
バカラ製クリスタルボトルの【百年の孤独】となると一本で50万以上の値段で取引される事もあります。

【百年の孤独】は希少性が高く、価値も高い事から買取においても高い相場での買取が期待できる焼酎です。
家で眠らせているだけの【百年の孤独】があれば、お酒買取業者に買取を依頼する事をおすすめします。
ですが、お酒に興味がある方であれば一度は飲んでおきたい焼酎でもありますので、売らずに飲むという選択も良いでしょう。

希少なお酒ですので買取を検討の際には複数のお酒買取業者に相見積もりを忘れずに依頼するようにしましょう。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール