酒買取業者徹底比較!

村尾の買取価格、価値、概要についてご紹介

  1. 村尾買取
村尾買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

村尾買取のおすすめ業者

焼酎【村尾】

村尾を含めた焼酎を高く買取してくれるおすすめ業者は下記ページにて紹介していますので、そちらのページをご覧ください。

また、村尾以外の焼酎の買取価格や価値、概要を知りたいという事でしたら、下記ページにて焼酎をリスト形式で一覧で紹介していますのでそちらをご覧ください。

このページでは、村尾の買取価格や価値、歴史など、村尾とはどういう焼酎なのかという詳細情報を説明していきます。村尾について知りたい方はぜひ参考にしてください!


村尾とは?

焼酎【村尾】

焼酎【村尾】は村尾酒造で生産されるさつまいもを原料とした芋焼酎のトップブランドです。

【村尾】は、「森伊蔵」、「魔王」と共に【3M】と呼ばれてる一本ですが、他の二本と異なり、正に芋焼酎の王道を征く味わいや風味に仕上がっています。

その事から、他の二本と比べると芋焼酎が苦手な方には少々飲みづらい味わい・風味となっています。

村尾について詳しく説明する前に、村尾の買取相場目安を一覧で紹介します。

村尾の買取価格一覧

  • 村尾 900ml
    買取価格:1500~2000円
  • 村尾 1800ml
    買取価格:2000~3500円

※付属品の紛失や状態によって、上記より値段は下がります

村尾の由来と概要


村尾酒造の歴史は長く、明治35年に鹿児島県薩摩川内市陽成町に創業されています。

川内市に流れる川内川は鹿児島三大河川に数えられる程の美しい川として有名であり、素晴らしい環境にある村尾酒造だからこそ【3M】に数えられる魅力的な焼酎を生み出しています。

良質なから芋を使用し、じっくりと熟成させて作られる【村尾】は、柔らかな飲み口ながらもすっきりとした芋の味わいに加え、芋焼酎本来の強烈な芋の風味が味わえる事が特徴です。 過去にはあの有名な明治維新の英雄、西郷隆盛が村尾酒造に立ち寄った事は有名なお話しです。

芋焼酎村尾は他の焼酎と比べて非常に特殊なエピソードがあります。
それは、【村尾】の焼酎は村尾酒造の三代目当主である【村尾寿彦】一人で造っているという点です。原料の買い付けから製造に至るまで、時には発送までも全て【村尾寿彦】一人で行っています。

村尾寿彦は自ら「焼酎の奴隷」り呼ぶほどまで日夜焼酎造りに打ち込んでいて、よりよい焼酎を生み出す為に常に自らの仕事を追求し続けています。 【村尾】が芋焼酎のトップブランドである事から分かるように、村尾寿彦は「焼酎の達人」と言われるほどの腕前であり、その達人が全ての作業を一人で行い、生み出す焼酎には多くのファンがいます。

村尾を一度飲んでみたいという方も多くいますが、年間で生産される本数には限界があり、希少性の高さから入手は非常に困難で未だに飲んだことがないと言う方も多くいます。 実は村尾酒造ではもう一種類【薩摩茶屋】という銘柄の芋焼酎も生産されており、【村尾】とは味わいも風味も異なりますが安価で入手しやすい事から、代わりとしてそちらを求める方もいます。

そして希少性の高い芋焼酎【村尾】の価値ですが、やはり高級品で、一本当たり約30000円前後もの価格で取引されています。

【村尾】よりも高価な焼酎は色々と存在しますが、村尾は値段以上に入手が困難な焼酎で有名です。

その為、村尾の買取においては、希少性の高さから買取相場が高騰していると言われています。
非常にレアな焼酎ですので、手元にあれば村尾は売るよりも飲んでみたいと言う気もしますが、飲まずに家で余らせているのであれば買取をお願いする事をおすすめします!

上記リストにて一覧で買取価格の目安を挙げていますが焼酎の買取相場は状態によっても大きく左右されますので、上記よりも高い可能性も十分にあります。ですので、村尾の正確な買取価格を知るのであれば、買取業者のサイトの問い合わせフォームから写真を添付したメールをお酒買取業者へと送るだけで正確なお酒の買取価格が判明しますのでおすすめです!
そして、村尾を少しでも高く買取してもらうためには、なるべく複数のお酒買取業者から相見積もり取るようにしましょう。

また、お酒買取店によって在庫状況や高額買取の基準はそれぞれ異なるために、お酒買取では相見積もりを取ることが鉄則ともいえるのです。
私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者は査定料は全て無料で、高くお酒を買取してくれた業者さんですのでそちらも是非参考にしてください。

  • 9月のおすすめ買取業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール