酒買取業者徹底比較!

エシェゾー買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、エシェゾーについても紹介します!

  1. エシェゾー買取
エシェゾー買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

エシェゾー買取におけるおすすめ酒買取業者

ワイン【エシェゾー】

エシェゾーはお酒の種類で言うと【ワイン】に属します。
ですので、エシェゾー買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際に様々なワインの買取を依頼した上で最も高くワインを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ワイン買取のおすすめ業者はこちら

また、エシェゾーのワインに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

エシェゾーの価値と概要

ワイン【エシェゾー】ラベル

【DRCエシェゾー】とはブルゴーニュ地方に存在する中でも最高峰のドメーヌであるロマネコンティ社が製造しているワインの一種で、頭文字を取って「DRC(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)」と呼ばれています。
DRCエシェゾーはその中でも最も早熟なワインであり、その味わいは約5年という短期のうちに完成されるため、市場への放出も素早くなっている銘柄です。

畑面積は4.67ヘクタールとD.R.C.の畑でロマネ・コンティ、リシュブールに次いで小さな畑ですがその味わいは深く、沢山のファンが存在しています。
ロマネコンティ社はエシェゾーのことを「最も開放的でシンプルなつくりのワイン」と述べ、その軽やかな味わいとフルーティな芳香で、全世界の愛好家を唸らせる一本となっています。

ちなみに混同しやすいのですが「グランエシェゾー」と「DRCエシェゾー」の2つには明確な違いがあります。
どう違うのかというと、エシェゾーの製造にあたりキーとなるブドウの”畑面積”にあります。

グランは「広い」という意味を持ち、本来のエシェゾーの区画に対して面積の広い畑を持つため、そのまま「グランエシェゾー」と呼ばれています。
AOCが導入された際に実質一番広い畑ではなくなってしまったのですが、その際に新たなワイン「リューディ」が隣接区画となったため、ワイン界は新しい味わいを入手したのです。

DRCエシェゾーの畑はグランエシェゾーとは真逆の小さな区画となり、ロマネ・コンティ、リシュブールに次いで小さな畑となっています。
グランエシェゾーとDRCエシェゾーをの畑の広さを比較して、DRCは「グランエシェゾーの弟」と表現されることもあります。
エシェゾーが多数ある中でもDRCエシェゾーはブドウの収穫から生産までDRCが管理・製造を行い、品質の高いワインとしての定評もあります。

DRCエシェゾーはロマネコンティ社が製造する8種類の特級ワインの中では最も安価で発売されている銘柄ですが、その価値は他のワインと比較すれば非常に高く、平均小売価格でも10万円以上はする高級ワインです。
市場に流通しているDRCエシェゾーの価格は例えば1998年なら約13万円、2002年も約14万円とかなり高い価格で取引されていますので、買取となれば安く見積もったとしても、その半値ほどの買取価格で売れるのではないでしょうか。
そしてDRCエシェゾーの中でも最も高い価値を持っているのが「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」で、買取価格も良いものであれば20万円を超えるほどになります。
ラベルが汚れていたり中身が劣化してしまっていると買取価格は下がってしまいますが、それでも市場では需要のあるマニア垂涎の一本です。

DRCの他のエシェゾーであれば例えば、エシェゾー1984年「アンリ・ジャイエ」には現在でいうと200万円以上の価格がつき、DRCに限らずエシェゾーであれば高額で売れる可能性が非常に高いです。

しかし高額で売れると言われても、お酒に詳しい方であれば「これくらいの価格で売れるであろう」と予測が出来る下地があるので大丈夫ですが、お酒に詳しくない方であればいったいどれくらいの価格で売れるのか全く分からないのではないでしょうか。
例えばDRCのラベルデザインは基本的にどの年代のものであっても同一で、価値のあるボトルだからといって特別派手な装飾がなされているわけではありません。
しかもDRCだけでなくエシェゾーには沢山の種類があり、それぞれで買取価格も全く異なるものとなるのです。
そのため買取で高く売ることの出来るエシェゾーを見分けるのは困難で、個人でお酒の価値を調べるのにも限界があります。

現在はエシェゾーのラベルの写真を撮影し、それをお酒買取業者へと送って問い合わせするだけで、その買取店のおおよその査定額を教えてもらうことが出来ます。
複数の業者へ同時期に質問することができるので便利な方法ですし、お酒の現物を直接見せることなくおおよその価値を知ることが出来ますので非常にスピーディです。
このホームページで記載している買取業者は見積もり・買取などの諸費用はかからず全て無料で行っているところをピックアップしていますので、メールで査定を依頼してみて買取金額に納得いかなければキャンセル、といった方法を取っても問題ありません。

DRCエシェゾーに限らずワインを買い取ってくれるお酒買取業者は数多く存在していますが、買取額はお店の在庫量や流通ルートの得手不得手、そしてお店ごとに高価買取の基準が設けられていますので、同じボトルであったとしても、提示される買取額には買取店ごとにばらつきが生まれます。
もし高い価値を秘めているエシェゾーだと知らずに安く売ってしまっては元も子もありませんので、エシェゾーの買取依頼をするときは複数のお酒買取業者から見積もりを取り、買取価格を比較することを忘れないようにしてください。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

ワインはできるだけ早く売る方が良い

これはに限らず【ワイン全般】に言えることですが、ワインを売ろうと考えているのであれば早めに売る事をおすすめします。
その理由も、高価なワインであればあるほど、品質の保持が素人知識では困難であり、保存状態で価値はどんどん落ちていくからです。

ワイン愛好家であればワインセラー等の専用の保存環境を整えていますし、本物のマニアであればワインを保存する為だけの空調設備が整った部屋を一つ用意するレベルです。
【ワインは生き物】と例えられる程繊細なお酒ですので、飲みもしないワインは価値が落ちる前に早く売ってしまう事が鉄則なのです!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール