酒買取業者徹底比較!

ボウモアの買取価格、価値、概要についてご紹介

  1. ボウモア買取
ボウモア買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ボウモア買取のおすすめ業者

ウイスキー【ボウモア】

ボウモアを含めたウイスキーを高く買取してくれるおすすめ業者は下記ページにて紹介していますので、そちらのページをご覧ください。

また、ボウモア以外のウイスキーの買取価格や価値、概要を知りたいという事でしたら、下記ページにてウイスキーをリスト形式で一覧で紹介していますのでそちらをご覧ください。

このページでは、ボウモアの買取価格や価値、歴史など、ボウモアとはどういうウイスキーなのかという詳細情報を説明していきます。ボウモアについて知りたい方はぜひ参考にしてください!


ボウモアってどんなお酒?

ウイスキーの【ボウモア】

ボウモアはお酒の種類で言うと【スコッチ・ウイスキー】に属します。

スコッチウイスキーは世界五大ウイスキーのも数えられる一種でざっくりとイギリスのスコットランドにて製造されるウイスキーの総称でしたが、現在では細かな製法に至るまでイギリスのスコットランドにて製造されたウイスキーのみがスコッチウイスキーと名乗ることができます。

ボウモアについて詳しく説明する前に、ボウモアの買取相場を一覧で紹介します。

ボウモア買取価格一覧

  • ボウモア8年アデルフィ
    買取価格:2500~3000円
  • ボウモア12年
    買取価格:1000~1200円
  • ボウモア12年旧ボトル
    買取価格:1000~1500円
  • ボウモア15年ダーケスト
    買取価格:2000~2300円
  • ボウモア15年マリナ-
    買取価格:2700~3000円
  • ボウモア18年
    買取価格:2500~2700円
  • ボウモア25年
    買取価格:55000~60000円

※付属品の紛失や状態によって、上記より値段は下がります

ボウモアの由来と概要

ボウモアはスコットランドのアイラ島に蒸留所を構え、息の長い伝統的な歴史とアイラ島最古の蒸留所を持つウイスキーしても知られています。

ボウモア蒸留所はは地元の商人であったデビット・シンプソンが1779年に設立し、歴史とともに所有者も幾度と変わり、改装や拡張を繰り返してじっくりと有名になりました。 ボウモアは別名アイラモルトの女王とも呼ばれ、アイラ島にある数々の蒸留所の中で唯一エリザベス女王が訪問したことでも有名です。

ゲール語で「大きな岩礁」という意味を持つボウモアは海沿いに佇む蒸留所であり、天気が荒れると大きな波が蒸留所にかかり、部屋の中であってもふわりと潮の香りが漂っています。 海の厳しい環境のもとでじっくりと丁寧に製造される味わいはフルーティですが後味にふわりと潮が香る、まさに島物ウイスキーの代表作です。

スコットランドの中で数えても二番目に古いという長い歴史を持つボウモアは、未だにフロアモルティングを行い伝統的な製法を守りながらウイスキーを製造しています。 フロアモルティングとは床に水に浸した大麦を広げる自家製麦の製法であり、プロの人力によって一日中麦の状態に気を配っていなければいけません。

使用する道具も多く、麦に対する目利きも必要なため熟練の技が要求される大変な方法なのです。

気になるボウモアの価値ですが、希少性の高いものは非常に高額で売ることが出来ますので、お酒買取においてもオススメの銘柄と言えますね。 中でも非常に高い価値を持つ「ブラックボウモア」は市場での価値も高く、ものによりますが高いものは200万円以上もの高額で取引されているウイスキーです。

一般的にブラックボウモアとは1964年蒸留の42年のものを指し、中身は最初の蒸留日である11月5日のウイスキーを詰めたもので、過去に3回しか発売されていない非常に珍しい一本となっています。 ブラックボウモアとは少数のみの限定生産となっているために、希少性が高く価値も高額になっており、ウイスキー愛好家達を幻のモルトと言わしめた珍品です。
ウイスキー買取においても高値がつくボウモアですので、もし買取を検討しているのであれば買取店選びは慎重に行った方が良いでしょう。 セラミックボトルも非常に高い価格がついているボウモアで、その価値は20万円を越えるほどです。
買取価格も状態の良いものであれば10万円以上もの買取額を臨むことが出来ますので、もし家に眠っていれば是非ともお酒買取をお勧めしたい一本です。 他、ボウモア蒸留所の200年を記念して発売されたバイセンテナリーボトルも現在は希少な一本となっており、こちらも同じく高い値段で売ることが可能です。
一般的に流通しているボウモア12年や15年の価値はブラックボウモアなどと比べると、元々の価格が安いために買取価格もそれほど高額にはなりませんが、他のお酒と抱き合わせで売ることで臨時収入としては十分な額を手にすることが出来ます。

しかし12年や15年などの熟成年数がラベルに表示されていたとしても、昔に流通していたオールドボトルであれば現行品とは全く異なる買取価値がつき、中には何十万もの高額で取引されている種類も存在しています。
現在はウイスキー買取業者へとボトルの写真を添付して問い合わせのメールを送るだけで、だいたいの価値を買取店より教えてもらうことができますので、そうしたサービスを利用することでお酒が持つ価値を簡単に知ることが出来ます。

上記リストにて一覧で買取価格の目安を挙げていますが上記よりも高い可能性も十分にありますので、ボウモアの正確な買取価格を知るのであれば、買取業者のサイトの問い合わせフォームから写真を添付したメールをお酒買取業者へと送るだけで正確なお酒の買取価格が判明しますのでおすすめです!
そして、ボウモアを少しでも高く買取してもらうためには、なるべく複数のお酒買取業者から相見積もり取るようにしましょう。

お酒買取店によって在庫状況や高額買取の基準はそれぞれ異なるために、お酒買取では相見積もりを取ることが鉄則ともいえるのです。
私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者は査定料は全て無料で、高くお酒を買取してくれた業者さんですのでそちらも是非参考にしてください。

  • 11月のおすすめ買取業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール