酒買取業者徹底比較!

ダルモア買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ダルモアについても紹介します!

  1. ダルモア買取
ダルモア買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ダルモア買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【ダルモア】

ダルモアはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、ダルモア買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、ダルモアに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ダルモアってどんなお酒?

ウイスキー【ダルモア】

ダルモアの創業は1839年と、スコットランドの中でも長い歴史を持つウイスキーメーカーです。
スコットランドのハイランド地方にあるクロマティ―湾の入り江近くに蒸留所を構え、長閑な海沿いでゆったりと製造される長期熟成のウイスキーは唯一無二の深い味わいを持っています。

ダルモアはゲール語・ノース語で「川辺の広大な草地」という意味を持ち、海に近い風を受けながら伝統的な製法で熟成させるウイスキーはフルーティな芳香とやわらかな口当たりが特徴で、スコットランドに留まらず全世界に愛好家が存在しています。
ダルモアのモチーフである「鹿」は、もともと蒸留所を所有していたマッケンジー家の紋章であり、今でもダルモアの主力商品にはこの雄鹿が描かれ続けています。

ダルモアの製造は麦芽作り、ピート乾燥から始まる伝統的な製法が現在でも受け継がれており、熟成に用いる樽はスペインやイタリアのワインに使われたワイン樽を使用し、フルーティな独特の甘みを醸していることが特徴です。
シェリー樽を主体とした貯蔵、そして熟成の工程まで昔ながらの製法が徹底されており、古い原酒の中には創業当初までさかのぼる1839年のウイスキーも存在しています。

ダルモアの製造へのこだわりはもちろんのこと、長期熟成のボトルに何千万という高額が値段がついたことでもダルモアは有名になりました。
その高額がついたダルモアは「ダルモア62」といい、僅か12本しか製造されなかった希少なウイスキーです。
最初の一本が売れたときも約650万円という高額な価格で売却されましたが、その後に市場レートが高騰し、2011年には約1500万円もの値段がつき話題を呼びました。

気になるダルモアの価値ですが、価格が高いものと一般的に流通しているものでは大きな価格差があります。
例えば「ダルモア50年」や「シルバーシール25年」などは市場の値段も高額であり、買取においても非常に高額で売れることと思います。
私はダルモアは所持していなかったので詳細な買取価格までは分かりませんが、例えばダルモア50年ならば約100万もの値段で売りに出されていますので、状態が良ければ買取価格は70~80万程度にまで伸びるのではないでしょうか。

逆に一般的に流通しているダルモア12年やシガーモルトは販売価格が1万円以下なので、そこまで単品の買取価格が伸びることはないかと思われます。
しかし他のお酒と抱き合わせで売ることで、臨時収入としては十分な額を得られるかと思います。

ダルモアの価値は種類ごとに多岐に渡り、旧ボトル・現行ボトルでもその価値は異なるものとなります。
ダルモアは知名度・話題性ともに高く、買取でも良い値段がつく傾向にあるお酒ですので、ダルモアの価値が気になる場合はお酒買取を検討してみてはいかがでしょうか。
このホームページで記載している買取業者は見積もり・買取全て無料で行っていますので、メールで査定を依頼し納得いかなければキャンセル、といった方法でも大丈夫です。

もし高い価値を秘めているダルモアだと知らずに安く買いたたかれてしまっては元も子もありませんので、ダルモアの買取依頼をするときは複数のお酒買取業者から見積もりを取り、買取価格を比較することを忘れないようにしてください。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール