酒買取業者徹底比較!

フラパン買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、フラパンについても紹介します!

  1. フラパン買取
フラパン買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

フラパン買取におけるおすすめ酒買取業者

ブランデー【フラパン】

フラパンはお酒の種類で言うと【ブランデー】に属します。
ですので、フラパン買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にブランデーの買取を依頼した上で最も高くブランデーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ブランデー買取のおすすめ業者はこちら

また、フラパンに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

フラパンの価値と概要

ブランデー【フラパン】ラベル

フラパンとはコニャック地方の最高峰の土壌で育まれた上質なブドウのみで作られるコニャックで、質が非常に高いためにその価格も伴って高額なものとなります。
フラパンの歴史はフラパン一家がコニャック地方に移り住んだことから始まっており、1270年からブドウ栽培とお酒の製造に着手します。
創業当初はワインの製造を行っていましたが、のちにコニャック製造へと転身しその美味しさで大成功を収め、フランス中でフラパンのコニャックを求める声が止まないほどでした。

20世紀初頭には数々の貴族や人々がフラパンのブランデーを求めましたが、フラパン家の長女が同じコニャック製造業を営むレミーマルタン家へと嫁いだことから、町中でフラパンのコニャックは徐々に消えていくことになります。
何故ならフラパンのコニャックはレミーマルタンの原酒として扱われ樽で販売されるようになり、人目に触れる機会が激減し、幻のコニャックとなってしまったからです。
ピエール・フラパンの娘であるマリーと、レミーマルタン家の後継者であるアンドレ・ルノーが結婚しましたが、マリーがのちに会社の権利を相続したことにより、実質フラパンのお酒もレミーマルタン家のものとなったのです。
1970年代にまでフラパンの樽売りは続きましたが、マリーの娘のうち一人がリキュール製造で有名なコアントロー家に嫁いだことからブランドも受け継がれ、フラパンの名は復活を遂げます。
コニャック地方の伝統と歴史が凝縮した味わいは以前と変わらぬままで、再び市場に出るようになってからフラパンは以前の活気を取り戻し、再度ファンの声に応えられるようになります。

フラパンは現在もグランド・シャンパーニュ地方に300ヘクタールもの広大なブドウ畑を構え、使用するブドウの100%を自社畑産のものと定めています。
ブドウもひとつひとつが手摘みによって採取され、選別も全て人の目を通して行われており、全ての工程にこだわりを持ったコニャック作りが行われています。

フラパンのコニャックは全て、最高峰であるグランド・シャンパーニュ産100%であり、重厚ですがまろやかな味わいを特徴としています。
中でも世界唯一のグランド・シャンパーニュ格付け品となる「フラパン V.S.O.P.」は平均8年間の熟成ののちに販売されており、コニャック愛好家の中からも高い評価を得ています。

フラパンの価値は種類によってピンからキリまで存在し、上記で紹介した基本的なVSOPのものは基本的に一本当たり6,300円程の価格で取引されています。
しかしフラパンのV.I.P.XOやキュヴェ1888となると価値は急上昇し、とくにキュヴェ1888となると日本ではあまり流通していない種類となり入手もしづらいものとなりますので、希少価値も上がります。
高価なボトルの買取価格は比例して高額なものとなりますので、例えばフラパン500周年を記念して発売されたバカラボトルのものとなると買取価格は10万を超えることもあります。
他にもアンティークのフラパンや限定販売のモデルとなると何十万もの価格となる場合もあります。

飲んでいない【フラパン】が家に眠っているのであれば、まずはお酒買取店へ査定をお願いして買取価格を確認してみるのも良いかも知れません。
フラパンは非常に高額で売れることもありますので、あまりブランデーやコニャックに詳しくない方であれば、買い叩かれないようになるべく複数のお酒買取業者から見積もりを取ることをオススメしています。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール