酒買取業者徹底比較!

ゴーティエ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ゴーティエについても紹介します!

  1. ゴーティエ買取
ゴーティエ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ゴーティエ買取におけるおすすめ酒買取業者

ブランデー【ゴーティエ】

ゴーティエはお酒の種類で言うと【ブランデー】に属します。
ですので、ゴーティエ買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にブランデーの買取を依頼した上で最も高くブランデーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ブランデー買取のおすすめ業者はこちら

また、ゴーティエに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ゴーティエの価値と概要

ブランデー【ゴーティエ】ラベル

ゴーティエとは1886年に創業したブランデー会社で、ブドウの名産地でもあるファン・ボワ地方エーグル町の旧家、ゴーティエ家が生産するコニャックが始まりとなっています。
イビス(トキ)の名前を持つ有名ブランドで「ジョセフ・ゴーティエ社」の屋号を持ち、現在はリキュールで有名なマリー・ブリザール社の傘下として展開しています。
また、バイキングシップで有名なコニャック大手「ラーセン」の子会社でもあり、コニャックをブレンドした独特で豊かな味わいが特徴です。

優れた目利きとブレンド技術はそのままに誰もが手に取りやすいコストパフォーマンスの良いブランデーを製造し、その格式高い風味はもちろんのこと、デザイン性にも優れたボトルのためインテリアとしても根強い人気を誇っているブランドです。

ゴーティエの歴史は、ブドウの名産地でもあるファン・ボワ地方のゴーティエ家がブランデー作りを行ったことにより始まっています。
ゴーティエ家は格式高い旧家であり、ブドウの生産に乗り出したのは1644年と非常に長い歴史を持っています。
ブランデーの製造地であるファン・ボワ地方のエーグル町は2つの川に挟まれた豊かな土地で、川の水蒸気により更に味わい深いブランデーの味が生まれたとされています。

ブランデーの歴史を物語る重厚な風味を残しつつもまろやかな口当たりを持つゴーティエは、20世紀初頭になるとお酒の製造の他に海運業へも進出するなど優れた経営手法でも有名です。
ゴーティエの「アイビス」とは海運業へ進出した当時に使っていた船の名前であり、250年以上ものゴーティエの歴史を物語る格式高い一本となっています。

ゴーティエのブランデーは古酒がブレンドされることにより深い味わいを醸しているのが特徴で、優れたブレンド技術を持つゴーティエ社の目利きが光る味として高い評価を得ています。
特にXOゴールドは25年以上もの長期間にわたり熟成された原酒をブレンドしており、それぞれのブドウや古酒の特徴が生きる味となっています。
ボトルもランタンをモチーフにしたものや超音速旅客機であるブルーコンコルドを模ったものなどの優美なデザインが多く、その芸術性も人気の理由のひとつとなっています。

ゴーティエのブランデーの良さのひとつにコストパフォーマンスの良さが挙げられますが、お酒を売るにあたっては元々の値段にも買取価格は上下されますので、1本何万円もする高額買取、とはいきません。
確かにアイビスXOなどは元々の価格も抑えめであり、買取価格もそこまで高い値段はつかないことが現状です。
しかしXOランタンやブルーコンコルドなどの高級ブランデーであれば価値もそこそこ高く、お店によっては元々の値段に近い価格で買い取ってもらえる可能性もあります。
元値の安いブランデーも他のお酒と一緒に売れば買い取ってもらえる場合があるので、ゴーティエに限らずもし他のお酒も家で眠っているのであったら、まとめて買取を検討してみてはいかがでしょうか。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール