酒買取業者徹底比較!

グレンファークラス買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、グレンファークラスについても紹介します!

  1. グレンファークラス買取
グレンファークラス買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

グレンファークラス買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【グレンファークラス】

グレンファークラスはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、グレンファークラス買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら
また、グレンファークラスに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

グレンファークラスってどんなお酒?

ウイスキー【グレンファークラス】

グレンファークラスは最古の家族運営の歴史を誇る伝統的なウイスキーメーカーで、創業は1836年にまで遡ります。
創業時より代々続くグラント家が現在でも経営を行い、規模は小さな蒸留所ですが設備は最先端のものを取り入れ、熟成庫も現在は10棟を所持するなど大手に劣らない製造量を誇っています。

グレンファークラスはゲール語で「緑の草が生い茂る谷間」という意味を持ち、ベンリネス山の麓にある自然あふれる蒸留所でじっくりと丁寧に製造されています。
長い月日をかけて湧き出た雪解け水を使用したクリアな味わいは、オリジナリティあふれる唯一無二の味わいを誇り、根強いファンが多いことも特徴です。
他ブレンダーへのカスク売りを未だ一切行っていないことでも有名なグレンファークラスは、この伝統深い味わいをこだわりとして大切に保有続けている由緒正しきウイスキーメーカーとして名高く、全世界に愛好家が存在しています。

グレンファークラスの創業当初からのこだわりは、火をゆっくりと焚いて豊かな味わいを生み出す「直火炊き蒸留」にあります。
スチームを用いて加熱するのと直火でゆっくりと焚きだす方法とでは、最終的な味わいに大きな違いが生まれてしまうと判断したグラント家は、現在も創業の時から変わらない直火炊きの伝統を守りながらウイスキーの製造を続けています。
その他、シェリー樽を使い分けて理想とする味わいを引き出すこだわりもあり、伝統的な味わいが歴史や科学技術によって変わってしまうことのないよう、徹底した製造方法を尊寿し作られています。

特に「ファミリーカスク」という名が付けられたヴィンテージのグレンファークラスは価値が非常に高く、年数によりけりですがお酒買取でも高額で売ることが出来ます。
中でも「ファミリーカスク1958」など希少性が高いものであれば価値は100万円以上にものぼり、買取店にもよりますが少なくとも50万円以上の買取価格が見込めます。

「シェリーカスク」もグレンファークラスの中では非常に高値で売れる種類で、こちらも希少性が高く価値は現在で約30万円ほどにもなります。
シェリーカスクとはグレンファークラスが150年間の家族経営を継続したことを祝って発売された限定品で、瓶詰の本数は660本、その中で日本で発売されたものは何と30本しかありません。
海外で発売されたものが日本で輸入販売が行われたりもしているために価値は販売国によりばらつきがありますが、それでもウイスキーの中では非常に高い価格で売ることが出来る一本です。
他、58年間熟成させた「1956」などのオールドボトルにも非常に高い価値がついており、買取においても高額で売ることが出来ます。

グレンファークラスの価値あるお酒はこの他にも数々混在しているため、普段見たことのない希少性の高そうなボトルであれば、買取においても高値がつく可能性が高いです。
お酒に詳しい方であればおおよその価値は予測できるかと思いますが、お酒に詳しくない方であれば安く買い叩かれてしまったときに防ぐ術がありません。
ですのでなるべく複数のお酒買取業者より見積もりを取り、買取価格を比較することをお勧めします。
価値の高いグレンファークラスかそうでないかの判断も、今は買取業者に写真をメールで送るだけでおおよその買取価格を答えてもらうことが出来ます。

>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール