酒買取業者徹底比較!

白州買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、白州についても紹介します!

  1. 白州買取
白州買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

白州買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【白州】

白州はお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属します。
ですので、白州買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、白州に限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

白州ってどんなお酒?

ウイスキー【白州】ロゴ

白州とは日本の一大企業「サントリー」が製造しているウイスキーであり、今や名ジャパニーズウイスキーの山崎と肩を並べるほどの知名度と人気を誇ります。

白州の蒸留所は1973年に設立され、サントリーの歴史で言えば二番目にあたる蒸留所となります。
サントリーのウイスキーの歴史は大正二年、創業者である鳥井信治郎が京都郊外の山崎に蒸留所を設立したことからスタートします。
京都の山崎に続きサントリーが目をつけたのはアルプスの自然豊かな土壌とクリアな水源を誇る白州で、ウイスキーの白州もそこで産声をあげることとなります。

ウイスキーの白州は白州蒸留所の中からブレンダー達が厳選されたモルトを選び抜き、1994年に誕生しました。
数あるウイスキーの中ではまだ歴史は浅いものの、天然水を使用したフレッシュな味わいと香り高い芳香で高い支持を獲得し、現在ではかの有名なサントリーのウイスキー「山崎」とも肩を並べる知名度を人気を誇ります。

白州蒸留所の同敷地内には南アルプスの天然水の工場も存在しており、自然豊かな土地でゆっくりと育まれるウイスキーはサントリーの中でも高い人気を誇ります。
白州のマザーウォーターとなる天然水「甲斐駒ヶ岳」の雪解け水は日本の名水百選にも選ばれており、ウイスキー製造においても品良い香りと深い味わいを宿しています。

白州といえば一般的な酒屋さんで売られている透明感ある緑色のボトルを想像することかと思いますが、その他ヴィンテージモルトを使用した希少な一本や「HAKUSHU」と記載されたヘビリーピーテッドモルトなど数々のラインナップが存在しています。
ヴィンテージモルトを使用し長期間熟成ののちに発売された「1985-2004」は販売価格も30万円を越えるほどの高額となり、ウイスキー買取においても非常に良い値段で取引されています。
希少性の高いモルトを使用した特別限定版の白州などは市場に流通している数もそれほど多くないために、比例して買取価格も高くなりやすいのです。
他、白州の25年ボトルなどは非常に高い価値を持っているため、状態が良ければ買取価格も10万円を超えるほどの高額になります。

しかし25年のボトルなども緑色のボトルカラーでデザインされており、一般的に入手できる白州と比較したときに見た目にそう大きな違いはありません。
そのためお酒に詳しくない方であれば安い見積もり額で手放してしまう可能性があるため、買取の前に白州の価値を確認しておく必要があります。

現在は写真を添付したメールをお酒買取業者へと送信して返信を待つだけでおおよその査定額や買取額を知ることが出来ますので、わざわざ買取業者にウイスキーの現物を見せなくても、簡単にお酒の価値を知ることが出来ます。
写真を保存して同じ内容で送信すれば複数のお酒買取業者からそれぞれの見積額を教えてもらうことも出来ますので、その中から最も高い見積額を提示してくれた買い取り業者へと売ることで損を防ぐことが出来ます。

私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者の査定料は全て無料ですので、その中から最も高い値段で売れるお店に買取を依頼すればそれほど労力も使わず、失敗せずに高価買取業者を選ぶことが出来ます。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール