酒買取業者徹底比較!

ジョニーウォーカー買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ジョニーウォーカーについても紹介します!

  1. ジョニーウォーカー買取
ジョニーウォーカー買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ジョニーウォーカー買取におけるおすすめ酒買取業者

スコッチウイスキー【ジョニーウォーカー】

ジョニーウォーカーはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属します。
ですので、ジョニーウォーカー買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら
また、ジョニーウォーカーに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ジョニーウォーカーってどんなお酒?

スコッチウイスキー【ジョニーウォーカー】

ジョニーウォーカーとは、【ウイスキー】に属する洋酒です。
厳密には、【スコッチ・ウイスキー】に分類されますが、ウイスキーの定義に関して詳しくはこちらのウイスキー買取のページをご覧ください。

ジョニーウォーカーは1908年に「黒ラベル」と「赤ラベル」が誕生しました。
1908年以前は【キルマーノック・ウイスキー】という別名で販売されており、ブランド改革により【ジョニーウォーカー】に改名されています。

ジョニーウォーカーと言えば、ロゴが特徴的なイギリスのスコットランドで生産されているスコッチウイスキーで、世界最大の酒類メーカーである英国ディアジオ社の傘下に属するブランドです。

ジョニーウォーカーの赤ラベルは【世界で最も大きな成果を果たしたスコッチウイスキー】として称されるほど偉大なスコッチウイスキーです。
また、ジョニーウォーカーシリーズ自体も年間で一億二千万本以上売れており、スコッチウイスキーの銘柄の中では世界で一番広まっています。

ジョニーウォーカーの大きな特徴は【ブレンデッド】という点です。
今では珍しい事ではありませんが、1860年までは【ブレンデッド】は違法だったという時代背景もあり、世界的に有名なお酒で【ブレンデッド】は珍しかったのです。

【ブレンデッド】とは「モルト」と「グレーンウイスキー」を混ぜ合わせる事で造るウイスキーです。
「モルト」は麦のみで作られるウイスキーの事を指し、「グレーンウイスキー」は麦やトウモロコシなど様々な穀類を混ぜ合わせて造るお酒です。
別に作った二種類のウイスキーをバランスよく混ぜる事で、お互いの長所を活かしあったウイスキーができるのです。

ジョニーウォーカーはスーパーでも普通に見かけるスコッチウイスキーで現在では値段も安価ですが、1957年当時はジョニーウォーカーの黒ラベルは一本当たり1万円で販売されていて、当時のこの金額はなんと大卒の初任給の二ヶ月分に相当する金額です。
その時代は洋酒自体が高級品だったと言う時代背景がありますが、それでも非常に高級なスコッチウイスキーだったのです。

現在のジョニーウォーカー黒ラベルがそのような高い値段で売れるわけではありませんが、現在でも高いジョニーウォーカーは存在します。
有名なシリーズで言えば、ジョニーウォーカーのブルーラベルが基本的に高価であり、限定シリーズであれば値段は30万円以上で買取されるものもあります。
ジョニーウォーカーの赤ラベルや黒ラベルは買取価格は期待できませんが、ジョニーウォーカーのシリーズで高額取引される品物は色々ありますので、ジョニーウォーカーの赤ラベルや黒ラベル以外をお持ちであれば買取を検討するのも良いですよ。

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール