酒買取業者徹底比較!

ラーセンの買取価格、価値、概要についてご紹介

  1. ラーセン買取
ラーセン買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ラーセン買取のおすすめ業者

ブランデー(コニャック)【ラーセン】

ラーセンを含めたブランデー(コニャック)を高く買取してくれるおすすめ業者は下記ページにて紹介していますので、そちらのページをご覧ください。

また、ラーセン以外のブランデー(コニャック)の買取価格や価値、概要を知りたいという事でしたら、下記ページにてブランデー(コニャック)をリスト形式で一覧で紹介していますのでそちらをご覧ください。

このページでは、ラーセンの買取価格や価値、歴史など、ラーセンとはどういうブランデー(コニャック)なのかという詳細情報を説明していきます。ラーセンについて知りたい方はぜひ参考にしてください!


ラーセンとは?

ブランデー【レミーマルタン】ラベル

ブランデー【ラーセン】はコニャック地方で造られるブランデー(コニャック)です。

※コニャックとはコニャック地方で一定の製法にて作られるブランデーの総称ですので、コニャックをブランデーと呼んでも間違いではありません。

ラーセンの創業は1926年と、お酒の歴史の中では比較的新しい存在で、短期間のうちに歴史ある名ブランデーと肩を並べる程に急成長したコニャックメーカーです。 とりあえず、ラーセンについて詳しく説明する前に、ラーセンの買取相場の目安を一覧で紹介します。

ラーセンの買取価格一覧

  • ラーセンVSOP
    買取価格:200~300円
  • ラーセンナポレオン
    買取価格:300~400円
  • ラーセンXO
    買取価格:1000~1200円
  • ラーセンホースボトル
    買取価格:2400~2600円
  • ラーセンヴァイキングシップ
    買取価格:700~800円
  • ラーセンヴァイキングシップ ゴールド陶器ボトル
    買取価格:1800~2000円
  • ラーセンヴァイキングシップ ホワイト陶器ボトル
    買取価格:3200~3500円
  • ラーセンヴァイキングシップ ブルー陶器ボトル
    買取価格:3200~3500円
  • ラーセンヴァイキングシップ ブラック陶器ボトル
    買取価格:3200~3500円
  • ラーセンヴァイキングシップ シルバー陶器ボトル
    買取価格:3200~3500円
  • ラーセンヴァイキングシップ グリーン陶器ボトル
    買取価格:4800~5000円
  • ラーセンヴァイキングシップ レッド陶器ボトル
    買取価格:5000~5500円
  • ラーセンバカラクリスタルボトル
    買取価格:14000~16000円

※付属品の紛失や状態によって、上記より値段は下がります

ラーセンの由来と概要

上記にもあるようにラーセンは創業1926年と比較的若いブランデーメーカーとして有名ですが、もう一つ、自社の畑を持つブランデーメーカーとは違い、自分の畑を持たない「ネゴシアン」であることも有名です。コニャックの名産地であるグランドシャンパーニュ、プティットシャンパーニュ、そしてファン・バから原酒を仕入れ、自社でブレンドし熟成させ販売へと至っているのです。

ネゴシアンであることのメリットは、まずはブドウの不作に非常に強いことです。コニャックの生産者によっては銘柄に応じて調整を行っており、利き酒を行うために年ごとの品質が安定していることが挙げられます。

そしてもうひとつのメリットとしては、様々な畑からブドウを買い取ることが出来るためにより多くのコニャックを製造できることも出来る点です。

ラーセンで有名なシリーズとして、まずは船の形をしたボトルが特徴的な【バイキングシップ】が挙げられます。このボトルデザインは、ラーセンの創業者であるイエンス・レインダール・ラーセン氏が初めてフランスのボルドー地方に入港したときの船がモチーフとなっており、その優美なデザインからインテリアとして保管している方も多くいらっしゃいます。

中身にはナポレオン等級のコニャックが入っており、グランドシャンパーニュとプティットシャンパーニュの原酒を用いて製造されています。

船の形をしており陶器で製作されているボトルは【リモージュシップ】とも呼ばれ、フランスの名器であるリモージュ陶器が採用されていることからこの名称で呼ばれています。ラーセンの歴史は創業者であるイェンス・レインダール・ラーセンがブランデー作りで独立したことをきっかけに始まります。

学校教育を終えたイェンス・レインダール・ラーセンは兵役へと旅立ち、その後故郷であるノルウェーにて船員として働くことになりました。しかし船がフランスのボルドーに到着した時に船員を辞め、コニャック地方のプルニエ社に勤めるようになります。その船は今でもラーセンのボトルデザインとして有名であり、彼の人生の転機であったことを物語っているのです。

プルニエ社に勤めたラーセンは日々ブランデー造りに励み、のちにブランデーの製造業として独立を果たします。世の中のブランデー事情は自分の畑を持っている「ドメーヌ」の美味しさに定評が集まっていましたが、畑を持っていないラーセンは、自身の力でドメーヌを上回る美味しさのブランデーを開発します。

そのことが評判になり、ドメーヌの対極ともいえる「ネゴシアン」のラーセンは、一躍名ブランデーとして注目されるようになったのです。ラーセンは代表作であるバイキングシップの他にも数々のコニャックを輩出しており、ピンからキリまであるコニャックの中でも比較的高額で取引されています。

バイキングシップの中では「プラチナゴールドシップ」が高く売れ、中には2万円ほどで売れる場合もあります。

バイキングシップに次いで有名な「バイキングベル」はファン・バの地で作られるブドウを用いて製作されており、ボトルの中にガラスで作られた船が浮かぶ優雅なデザインとなっています。他、船の形を持たないブランデーであるX.O Extra D`orやスリースター、バカラのボトルを用いた「ラーセン バカラ クリスタル」などの価値も高く、買取価格も高額です。

ラーセンはコレクションとしても非常に人気があるため、買取に力を入れている買取業者も多いです。 家で眠っている【ラーセン】があるのであれば、処分してしまうのではなくまずは見積もりだけでも取ってみることをお勧めします。

上記リストにて一覧で買取価格の目安を挙げていますが上記よりも高い可能性も十分にありますので、ラーセンの正確な買取価格を知るのであれば、買取業者のサイトの問い合わせフォームから写真を添付したメールをお酒買取業者へと送るだけで正確なお酒の買取価格が判明しますのでおすすめです!
そして、ラーセンを少しでも高く買取してもらうためには、なるべく複数のお酒買取業者から相見積もり取るようにしましょう。

お酒買取店によって在庫状況や高額買取の基準はそれぞれ異なるために、お酒買取では相見積もりを取ることが鉄則ともいえるのです。
私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者は査定料は全て無料で、高くお酒を買取してくれた業者さんですのでそちらも是非参考にしてください。

  • 7月のおすすめ買取業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール