酒買取業者徹底比較!

宮城峡買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、宮城峡についても紹介します!

  1. 宮城峡買取
宮城峡買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

宮城峡買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【宮城峡】

宮城峡はお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、宮城峡買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、宮城峡に限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

宮城峡ってどんなお酒?

ウイスキー【宮城峡】

宮城峡とはニッカウヰスキーから発売されているシングルモルトで、蒸留所を自然豊かな仙台の宮城峡に構えるジャパニーズウイスキーです。
かつては「シングルモルト仙台」の名を持っていましたが、2003年に現在の「シングルモルト宮城峡」へと名称が変更されました。
やわらかな山の水をマザーウォーターとすることで華やかな個性が際立ち、その味わいは高く評価されており2004年にはスコットランドウイスキー愛好家団愛の「SMWS」の認定ボトルにも選ばれています。

仙台の宮城峡蒸留所は、創業者の竹鶴政孝が「今までとは違った味わいのウイスキーを製造したい」と風土を選び始めたのが宮城峡が生まれるきっかけです。
製品の拡大を図るために余市に次ぐ新たな建設地を探していましたが、綺麗な川辺があり豊かな自然に囲まれ、土地も平坦な仙台の「宮城峡」がウイスキー作りに最適であることが判明し、蒸留所の設立が決定しました。
決定にあたっては竹鶴氏本人が宮城峡まで足を運び、持参していたウイスキーを傍を流れる新川の水で割って飲み、その場で建設を決定したほどの魅力的な土地だったのです。

今までのニッカウヰスキーのシングルモルトには例えば10年や15年といった熟成年数がラベルに表示されていましたが、原酒の不足により従来のような年数の表示がなくなり、ノンエイジへと統一されました。
これはNHK朝のテレビ小説「マッサン」でニッカウヰスキーを題材とした物語が放送され高い人気を獲得したために、原酒が足りない状態へと陥ってしまったのです。
しかし悪いことばかりではなく、味の安定した供給が可能になったなどノンエイジになった現在も愛好家からの厚い支持を受けています。

人気の高い「宮城峡シングルカスク」はそのままの値段も高額なために買取でも人気で、中古状態でも需要があり売れやすくなっています。
シングルカストとはひとつの樽から出てきたままの状態のウイスキーのことを差し、加水や加工がいっさい施されていないため原酒そのままの味わいを楽しむことが出来ます。
保存状態の良いものであれば年数にもよりますが、例えば宮城峡1996年のボトルは15万円を越える買取価格がつくこともあります。
ウイスキー買取において高い値段で売ることの出来る一本ですので、もしすぐに売らない状態であっても、付属品や箱などは手元に置いておくことをお勧めします。

一般的に流通している宮城峡はだいたい10年や12年、15年のものが多いですが、熟成年数が記載されているかノンエイジかでも価格は左右します。
そのため、宮城峡を買取してもらう前には事前の見積りでいったん価値を確認するように心がけましょう。
お酒に詳しい方であればラベルを見るだけで大凡の買取価格や価値は予測出来るかと思いますが、お酒に詳しくない方であれば価値のある宮城峡を見極めるのは非常に難しいことと思います。
現在は写真を添付したメールをお酒の買取業者へと送信するだけで、だいたいの査定額や買取額を知ることが出来ますので、わざわざ宮城峡の現物を見せなくても簡単にお酒の価値を知ることが出来ます。

そして宮城峡などのウイスキーを買取してもらう際は、1店のみに絞って買取価格を教えてもらうのではなく、なるべく複数のお酒買取業者より見積もりを取って査定額を比較するようにしましょう。
ウイスキー買取店によって高価買取の基準はそれぞれ異なっているため、同じボトルであっても買取価格にはバラつきが生まれてしまうからです。
私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者の査定料は全て無料ですので、その中から最も高い値段で売れるお店に買取を依頼すればそれほど労力も使わず、失敗せずに高価買取業者を選ぶことが出来ます。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール