酒買取業者徹底比較!

ロイヤルサルート買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ロイヤルサルートについても紹介します!

  1. ロイヤルサルート買取
ロイヤルサルート買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ロイヤルサルート買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【ロイヤルサルート】

ロイヤルサルートはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、ロイヤルサルート買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら
また、ロイヤルサルートに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ロイヤルサルートってどんなお酒?

ウイスキー【ロイヤルサルート】

ロイヤルサルート(ローヤルサルート)とはシーバスブラザーズ社が製造しているスコッチであり、希少な熟成ウイスキーがブレンドされていることで深みのある味わいを誇る人気のウイスキーです。
シーバスブラザーズ社は長きに渡って数々のスコッチウイスキーを製造し、その豊かな貯えの中よりロイヤルサルートは誕生しました。
他に「ローヤルサルート」と呼ばれることもありますが、どちらも同じお酒です。

シーバスブラザーズ社の創業は1801年と非常に長い歴史を持つ製造会社であり、現在はペルノ・リカール社の傘下となっています。
シーバス兄弟がスコットランド北部で創業した会社で、全盛期はスペイサイド地方に10もの蒸留所を所有しており、これらのモルトを元に上質なウイスキーを製造していました。

最も有名な「ロイヤルサルート21年」はエリザベス女王2世載冠式を祝福して製造されたウイスキーで、長期にわたり熟成された厳選された原酒のみがブレンドされています。
ロイヤルサルート21年は海軍が王室関連の特別行事などに鳴らす「王礼砲」が、エリザベス女王2世載冠式の際には21回鳴ったことから、シーバスブラザーズは「21」という数字にこだわりを持つようになったのです。
ロイヤルサルート21年は女王に敬意を表すために製造された特別なウイスキーであり、「21」の数字に基づいて21年間熟成させた原酒のみが使用されているなど、こだわり抜いたスコッチの逸品として有名です。

ひとくちにロイヤルサルート21年といっても様々な種類が存在しており、赤、青、緑などのボトルカラーが存在しそれぞれルビー、サファイヤ、エメラルドと王冠に飾られる色とりどりの宝石をイメージしたデザインなどがあります。
このボトルは18世紀後半に高級なお酒を入れる器として使われていた「フラゴン」が元になっており、ボトル中央の騎士は14世紀のバノックバーンの戦いでイングランドに勝利したスコットランドの英雄であるブルース大王が描かれています。
全て中身は同じですが美しいボトルはウェイド社の陶器製で、装飾品としても上等であり3本揃った状態でコレクションしている方もいます。
この3本が全て揃っているのであれば、バラバラに買取してもらうよりもまとめて買い取ってもらうことでコレクションとしての価値が付随し、お店によりますが買取価格も上昇します。
ロイヤルサルート38年も非常に人気のあるお酒であり、有名な21年よりも高い価値を持っていますので、お酒買取においても非常におすすめです。

その他、ロイヤルウェディングなどの記念ボトルや限定ボトルなど数多くの種類があり、ロイヤルサルートの価値はここだけでは語りつくせないほどです。
オールドボトルなど高値で売れるものは非常に良い買取価格となりますので、もし飲まないのであれば処分してしまう前にお酒買取を利用して査定してもらうと良いでしょう。
お酒に詳しくない方であれば買い取り相場を知るためにも、なるべく複数の買取業者より見積もりを取ることをおすすめします。
高価買取の基準はお店によって少しずつ異なってきますので、ひとつのお店より複数から見積もりを取って買取価格を比較することで、買い叩かれることなく一番高値で売ることが出来ます。
今は買取業者に写真を添付しメールで送るだけでおおよその見積額を返答してもらうことも出来ますので、そうした方法を利用するとスピーディです。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール