酒買取業者徹底比較!

スキャパ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、スキャパについても紹介します!

  1. スキャパ買取
スキャパ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

スキャパ買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【スキャパ】

スキャパはお酒の種類で言うと【ウイスキー】に属しますので、スキャパ買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くウイスキーを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ウイスキー買取のおすすめ業者はこちら

また、スキャパに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

スキャパってどんなお酒?

ウイスキー【スキャパ】

スキャパは元々スコッチウィスキーの名門であるバランタインの原酒としても知られていた伝統的なウイスキーです。
昔は知る人ぞ知るウイスキーでしたが、近年シングルモルトとして発売されたことから爆発的な人気を誇るようになりました。

スキャパはスコットランドのオークニー島に蒸留所を構え、世界大戦中は英国海軍将校の兵舎としても使用されたという歴史も持っており、英国海軍が停泊した栄の地としても有名です。
グレートブリテン島の北東、ちょうど北海と大西洋の境界に位置するオークニー島は古くから肥沃な土壌を持ち、緯度が高い割には温暖な気候という特徴があります。
そんな長閑な島でゆったり時間をかけてと作られるスキャパは、ノンピートですが奥行のある味わいで、口の中に含むと島物らしい潮の風味が微かに香ります。
代わりに仕込み水にピートが含まれており、品のあるスモーキーな芳香も同時に醸しています。

スキャパはエレガントなボトルデザインにも定評があり、ラベルもそれぞれこだわりのデザインが採用されているためにお酒に詳しい方でないと価値のあるボトルを見分けるのはなかなか難しいかと思います。
代表的なものにキングスバリー旧ラベルやシルバーシールなどがあり、それぞれの価値も全く異なるものとなります。
キングスバリーは本格的な風味を手頃な価格で楽しむことの出来る一本であり、愛好家からの人気も根強いものとなっています。
現行品と旧ラベル、そして熟成年数によっても買取価格が大幅に変わっており価値が細分化しているために、買取店によって買取価格に差が出やすい一本であるといえます。

そしてスキャパのシルバーシールは流通量が非常に少なく、ほぼ全てのボトルがイタリアで消費されているためになかなか日本ではお目にかかれないウイスキーとなっています。
シルバーシールとは今は現存していないイタリアのインポーター・セスタンテの流れを組むシリーズで、スキャパの他にもボウモアやハイランドパークなど様々な銘柄から発売されています。
不定期に限定発売されるために価値は非常に高く、例えばスキャパのシルバーシール25年であれば保存状態にもよりますが30万円以上の価値で取引されることもあるそうです。
他、スキャパの終売品などは現存数が少なくなっているために高値で売ることが出来ますので、臨時収入としては十分な買取額を手にすることが出来ると思います。

スキャパの価値は種類ごとに多岐に渡り、旧ボトル・現行ボトルでもその価値は異なるものとなります。
スキャパは知名度・話題性ともに高く、買取でも良い値段がつく傾向にあるお酒ですので、飲まないスキャパが家に眠っており価値が気になる場合は、まずはお酒買取を検討してみるのもオススメです。
このホームページで記載している買取業者は見積もり・買取などの諸費用はかからず全て無料で行っているところをピックアップしていますので、メールで査定を依頼してみて買取金額に納得いかなければキャンセル、といった方法を取っても問題ありません。
今はメールに写真を添付して問い合わせするだけで簡単にお酒の価値を知ることが出来ますので、わざわざ現物を見せなくても手軽にお酒の査定を行ってもらうことが出来ます。

スキャパを買い取ってくれるお酒買取業者は数多く存在していますが、買取額はお店の在庫量や流通ルートの得手不得手、そしてお店ごとに高価買取の基準が設けられていますので、同じボトルであっても提示される買取額には買取店ごとにばらつきがあります。
もし高い価値を秘めているスキャパだと知らずに安く売ってしまっては元も子もありませんので、スキャパの買取依頼をするときは複数のお酒買取業者から見積もりを取り、買取価格を比較することを忘れないようにしてください。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール