酒買取業者徹底比較!

ウイスキーのおすすめ買取業者と定義についてご紹介します。

  1. ウイスキー買取
洋酒買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ウイスキー買取におけるおすすめ業者

お酒買取スピード買取

私が様々な買取業者にお酒の査定を依頼して、洋酒の中でもウイスキーに限定して査定価格が最も高かったと言える業者は【スピード買取】でした。
とはいえ、ウイスキーと一言にいっても種類が膨大で価値も様々ですので、私の持っていたウイスキーの銘柄だったからスピード買取が一番高く査定をしてくれた可能性もあります。 ですが、結果として一番高く査定をしてくれていますので、ウイスキーを売ろうとお考えているのであれば参考にはなるかと思います。
こちらのページではウイスキーの買取価格に絞っての紹介でしたが、【総合的にお酒を高く買取してくれる業者】や【洋酒をトータルで高く買取してくれる業者】も紹介別ページで紹介していますので、 そちらも併せて参考にしてみてください!
スピード買取JPの公式サイトはこちら>>


お酒買取業者比較はコチラ

ウイスキーの定義について

【ウイスキー】と聞けば、全ての人が何かは知っているでしょうが、ウイスキーの明確な定義と聞かれると答える事はできないのでしょうか?
「バーボン」と「ウイスキー」、有名な銘柄で例えると「角瓶」と「アーリータイムズ」の違いを聞かれれば分かる人はごく少数かと思います。
※ウイスキーは国により定義が若干異なる為、基本的には日本国内における定義をご紹介します。

まず、ウイスキーの根本的な定義とは、大麦やライ麦、トウモロコシといった穀物を原料とした蒸留酒の事を指します。
つまり、モルトやスコッチ、バーボンやコニャックなど、様々なお酒の名称を耳にしたことがあるかと思いますが、それらは全てウイスキーです。
※実は上記の正式名称は全て語尾にウイスキーとつきます。

では、同じウイスキーでも上記の様に呼び方を変えているのには大きく3つの理由があります。
1:原料の比率
例えば有名な「モルト」ですが、これは大麦のみを使用して作られたウイスキーの事を指し、明確には「シングルモルト」と呼ばれてます。
アメリカ産のウイスキーの場合は大麦が51%以上で「モルト」、100%なら「シングルモルト」と呼ばれるという違いがあります。
2:発祥した地域の製法かどうか
例えば「バーボン」は、ケンタッキー州バーボン群で発祥した製法でつくられたウイスキーの事を指します。
詳しい製法については別ページで説明しますが、発祥した地域の伝統的な製法に乗っ取って作られているかで種類がきまります。
3:上記2に加え、生産した地域も現地
スコッチウイスキーが有名ですが、製法の規定に加えて、一定の地域で生産されたものしか名乗れません。

少々複雑になりましたが、一般的な知識として内容をザックリとまとめますと、原材料でウイスキーのかどうか判別され、更に成分と製法によって呼び方が異なっていると認識しておいてください。
ちなみに、ウイスキーと似ているブランデーですが、ブランデーは原材料がブドウなのでウイスキーではありません。

実は、ウイスキーの定義に乗っ取って話すと、焼酎も種類によってはウイスキーと名乗れるものが存在します。
ですが、これはかなり複雑な内容ですので割愛しますが、雑学程度にそのような場合もあると思っておいてください。

そして雑学がてらもう一つ、実はウイスキーは同一メーカーであれば高級品と安価品で原料や製法に違いはありません。
この点はワインや日本酒とは大きく異なる特徴だと言われています。

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール