酒買取業者徹底比較!

ワイルドターキー買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ワイルドターキーについても紹介します!

  1. ワイルドターキー買取
ワイルドターキー買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ワイルドターキー買取におけるおすすめ酒買取業者

ウイスキー【ワイルドターキー】

ワイルドターキーはお酒の種類で言うと【バーボン・ウイスキー】に属します。
ですので、ワイルドターキー買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際にウイスキーの買取を依頼した上で最も高くバーボンを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。
>>>バーボン買取のおすすめ業者はこちら
また、ワイルドターキーに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ワイルドターキーってどんなお酒?

スコッチウイスキー【ワイルドターキー】

ワイルドターキーは右図のように七面鳥のマークが特徴的なバーボンウイスキーです。
ワイルドターキーの歴史は1855年にまでさかのぼります。
1855年に現在ワイルドターキーを販売している【オースティン・ニコルズ社】が設立されました。

ですがこの時点では、コーヒーや紅茶、酒類の卸売販売を中心としていて、ウイスキーの製造には携わってはいませんでした。
ウイスキーの製造に携わったのはそれからしばらくして蒸留所を建築した事から始まりました。
この蒸留所で製造されたバーボンが後に【ワイルドターキー】と呼ばれるようになります。

この蒸留所で造られたバーボンは【ワイルドターキー】と呼ばれる前に既に有名になっています。
そのきっかけは1893年にシカゴで開催されたワールドフェアへの出品でした。
このフェアにて「ケンタッキーを代表するバーボンウイスキー」と称され、オースティン・ニコルズ社自体の知名度が非常に上がる事となり、相対的にバーボンの知名度も跳ね上がる事になりました。

そして1940年、当時のオースティンニコルズ社の社長であったトーマス・マッカーシー氏が七面鳥ハンティングの仲間に自慢のバーボンウイスキーを振る舞ったところ、その仲間の一人が七面鳥にちなんで【ワイルドターキー】と名付けた事が現在の名称の由来となっています。

ワイルドターキーは安価なアルコール度数40度のものもあり、日本国内においても非常に知名度の高いバーボンウイスキーです。
ですが、ワイルドターキーと言えばやはり50.5度の8or12年ものが代表的だと言えます。
後者のワイルドターキーは深いコクに加え豊かな強い味わいを感じられるため、世界中のバーボンの愛好家から高い人気を誇っています。

値段にしてもアルコール度数が50.5度のものであっても3000円以内で十分に購入できる事から、一般的にも求めやすい価格のものが多いですが、17年物のアンティークボトルに属するワイルドターキーであれば一本8万円以上の価格で取引が行われています。
また、アンティークボトルは入手自体が困難で希少性が高い事から、買取においてもかなりの値で取引がされます。

もし、ワイルドターキーをお持ちであれば余らせて誰かに譲るくらいであれば一度買取を検討してみる事をおすすめします!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール