酒買取業者徹底比較!

日本酒のおすすめ買取業者と定義についてご紹介します。

  1. 日本酒買取
日本酒買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

日本酒買取でおすすめはファイブニーズ

お酒買取のファイブニーズ

私が日本酒の買取を依頼した中で、最も高く日本酒を買取してくれたのは【ファイブニーズ】でした
※ここでいう日本酒は焼酎は含まず、【清酒】の事を指します
合計で日本酒は黒龍をはじめとして6本程価値の高い日本酒の買取をお願いしましたが、合計価格ではファイブニーズ、次点で買取プレミアムが高かったです。
ですので、日本酒を高く売りたいとお考えであれば、とりあえずファイブニーズに査定を依頼する事をおすすめします!

ただし、私が買取をお願いした日本酒でも銘柄によっては、お酒買取リカーズの方がファイブニーズよりも高い査定価格を提示してくれたものもあった事から、 1~2本の日本酒を必ず高く売りたいとお考えであれば相見積もりを取る事をおすすめします。
特に、日本酒以外にもウイスキーやワインの買取も一緒に考えているのであれば、相見積もりを取る事は非常に重要ですので、このサイトで紹介しているお酒の総合的なおすすめ買取業者のページも是非参考にして下さい!
お酒の簡単な相見積もりの取り方はこちら

ファイブニーズの公式サイトはこちら>>


お酒買取業者比較はコチラ

日本酒(清酒)の定義について

【日本酒】という言葉は【和酒】とも同義の為、焼酎も含まれていますが、
ここでは【清酒】の意味合いで【日本酒】という言葉を使用します。

酒税法において定義されている日本酒の定義は次の二つの条件を満たすものです

  • アルコール度数が22度未満のもの
  • 米、米こうじ、水及び清酒かす等を原料として発酵させて、こしたもの

上記の二つの条件を満たすお酒が【日本酒】として定義されています。
要は、米を原料として、発酵させて作る、アルコール度数が22度未満のお酒です。

ですが「米焼酎でアルコールが22度未満なら日本酒じゃないのか?」と思いませんか?
焼酎と日本酒は根本的な定義が異なる為、お酒の分類として一緒になる事は絶対にありえません。

その理由は、【日本酒は醸造酒】である事に対し、【焼酎は蒸留酒】だからです。
【醸造酒】とは、原料を発酵させる事によって作るお酒の事で、基本的に発酵後に原料を「こして」液体を抽出します。
一方【蒸留酒】とは、原料を発酵させる事は同じですが液体の抽出は蒸留によって行います。

日本酒と焼酎では抽出方法が全く違うので、同じ分類になる事はありえないのです。

醸造酒は日本酒の他にワインやビールも含まれ、麦を醸造するとビール、ぶどうを醸造するとワイン、米を醸造すると日本酒になります。
※ちなみに、日本酒の定義と全く同じ製法でつくり、アルコールだけが22度を超えたお酒は、一見アルコールの強い日本酒の様に売っていますが、お酒の分類としてはリキュールになります。

そして、日本酒と言えば【分類】も気になる事です。
日本酒で「生酒」や「原酒」、「純米酒」や「大吟醸」、「本醸造酒」といった、形容詞の違いをご覧になったことがあるかと思います。
この事についてざっくりとですか素人目線で理解しておいた方が良い内容を紹介します。

まず、上記の形容詞は、その日本酒の【製法】と【原料】によって分類されています。
例えば、【原酒】と【生酒】の違いは製法が異なります。
【原酒】とは、作られた日本酒に一定量以上の水を加える調整(加水調整)を行わない日本酒の事です。
日本酒は発酵させて完成した日本酒に加水調整を行う事が一般的ですが、この加水調整をほとんど行わない事で日本酒が持つ本来の味わいの奥深さを味わう事ができるのです。

そして【生酒】は、日本酒を精製後に火入れを一切行わない日本酒の事です。
火入れをしない事で繊細な香りを残した日本酒ができあがりますが、【生もの】となる為鮮度が非常に重要になるというデメリットがあります。

他にも樽に保存して香りを移す【樽酒】や、【生貯蔵酒】などもあります。
同じ日本酒でも製法や原料は大きく異なりますので、それを分類するために上記の様な形容詞が存在します。

原料に関しても、かなり細かく定義が分けられ純米酒や大吟醸に分けられる事になります。
ですが、このような形容詞に関しては特に気にする必要はありません。
結局、日本酒は【銘柄】で判別されるからです。

呑み比べて調べれば分かりますが、原料や製法が違う事で、日本酒の味わいはざっくりと分類できますが、一般的には日本酒は【銘柄】によって大別しています。

価値に関しても同様で、銘柄で価値の基準は決まります。
私も色々な機会でお酒を呑む事はありますが、折角日本酒を呑むのであれば、形容詞に惑わされることなく安くても好きな銘柄を探して呑む方が楽しめますよ。

>>>焼酎の定義やおすすめ買取業者はこちら

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール