酒買取業者徹底比較!

ワインのおすすめ買取業者と定義についてご紹介します。

  1. ワイン買取
ワイン買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ワイン買取におけるおすすめ業者

お酒買取のファイブニーズ

様々な買取業者に依頼した上で、ワインに限定して査定価格が最も高かった業者は僅差でしたが【ファイブニーズ】でした。
そして、僅差でかなり良い査定価格を提示してくれたのは買取プレミアムでした。
ワインも他の種類のお酒同様に種類が多く、銘柄によっては各業者の在庫状況や販売経路によって値段の上下があります。
私の場合は僅差でファイブニーズが高い買取価格を提示してくれましたが、あなたの場合は買取プレミアムや他の紹介しているお酒買取業者の方が高い査定をしてくれる可能性もあります。
お酒の買取において高く売る為には相見積もりをする事は非常に重要ですので、ワインの買取をどこに依頼をするか探している最中であれば、ここで紹介している2社に相見積もりの依頼をしてみてはいかがですか?
お酒買取においてはメールで簡単に査定が可能ですので、手間いらずで非常に簡単です。
また、ワインの他にも洋酒や和酒など総合的にお酒の買取をお考えであれば、【総合的にお酒を高く買取してくれるおすすめ業者】も紹介していますので、 そちらも是非参考にしてください!
ファイブニーズの公式サイトはこちら>>
買取プレミアムの公式サイトはこちら>>


お酒買取業者比較はコチラ

ワインの定義について

ワインとの定義は【ぶどうから作ったお酒】ではなく、厳密に言うと【ぶどうの果汁を発酵させて作ったお酒】です。
前者の場合だと、ブランデーもワイン呼べてしまいます。ブランデーとワインは定義的にも全くの別物です。
>>ブランデーに関する定義はこちらのページの下部で説明しています。

そして、ワインはジャンル的に「洋酒か果実酒かどっち?」という事をたまに耳にしますが、ワインは日本の酒税法上では【果実酒】に分類されています。
ワインの定義についてはこのような感じですので、次はワインの種類について説明します。
ワインの種類は主に【赤ワイン】【白ワイン】【ロゼワイン】【スパークリングワイン】4種類に分類されます。
銘柄に関しては非常に幅が広く説明しきれないので、ここでは上記の4種類について基本的な事をご説明します。


赤ワインについて

赤ワインは見れば誰でも分かる、赤色や濃い紫のワインの事です。
ぶどうを皮も含めて丸ごと発酵させて作る為、白ワインと比べて「タンニン」という渋みの強い成分を多く含みます。
その為、白ワインと比べると赤ワインの味わいは渋みが強いという特徴があります。
また、ぶどうを丸ごと発酵させるため、ぶどうの色素を多く含む事になり、赤ワインには上記のような色がつきます。
皮ごと発酵させるため、香りや味わい、渋みも白ワインと比べると非常に濃いので、赤ワインは肉料理と良く合うとされています。


白ワインについて

白ワインは赤ワインと比べて無色から若干黄色がかった色合いをしています。
赤ワインがぶどうを丸ごと発酵させるのに対して、白ワインは主にぶどうの果汁のみを発酵させてつくられます。
皮の渋み等を含まない為、白ワインにはぶどうの色素がほとんどなく、渋みも少ないキリッとした味わいになります。
その繊細な味わいから、白ワインは魚料理の様な、香りの少ない淡白な味わいのものと良く合うとされています。


ロゼワインについて

ロゼとは「ピンク色」という意味もあるように、ロゼワインはピンクの色合いをしたワインをさします
基本的な定義は【赤ワインと白ワインの間のワイン】ですが、実はこれと決まった製法の定義はありません。
赤ワインに使うような色素のつよいぶどうを白ワインの製法の様に果汁だけ使用して製造するものもあれば、逆に白ワインに使用される色素自体の薄いぶどうを赤ワインの様に丸ごと発酵させるものもあります。
味わいとしては、値段の安いものはカクテルのように甘くて呑みやすいものが多いですが、明確な定義はありません。
製法が定まってない事から、赤ワインの特徴が強いロゼワインもあれば、白ワインの特徴が強いものもあります。
ですが、基本的にロゼワインはぶどう自体の特徴をバランスよく取り入れたワインですので、ワインが苦手な方でも非常に飲みやすい味わいになっています。


スパークリングワイン

スパークリングワインの定義は名前の通り炭酸を含んだ【発泡性ワイン】の事です。
ワインは発酵させて作るお酒ですので、発酵によって生じる炭酸ガスを含んだワインはもちろんワインスパークリングワインですし、 人工的に炭酸を注入した者もスパークリングワインです。
基本的に炭酸が入っていればスパークリングワインと呼べますので、赤ワイン、白ワイン、ロゼワインでも炭酸が含まれていればスパークリングワインです。
※ですが、保存によって多少生じた炭酸ガスによって生まれた発泡性のものは除きます。

そして、皆さんが良く耳にする【シャンパン】がありますが、日本においては【スパークリングワイン】と【シャンパン】は同じ意味で使用されています。
ですので、日本では【シャンパン】と【スパークリングワイン】は呼び名が違うだけと認識してもらって大丈夫です。

ですが、本来の【シャンパン】の厳密な定義は、フランスのシャンパーニュ地方で製造され、AOCの規定に沿って生産されたワインになります。
この内容に関しては雑学程度に知っておけば大丈夫です。

これらがワインに関する簡単な定義のまとめです。

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール