酒買取業者徹底比較!

ラ・ターシュ買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、ラ・ターシュについても紹介します!

  1. ラ・ターシュ買取
ラ・ターシュ買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

ラ・ターシュ買取におけるおすすめ酒買取業者

ワイン【ラ・ターシュ】

ラ・ターシュはお酒の種類で言うと【ワイン】に属します。
ですので、ラ・ターシュ買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際に様々なワインの買取を依頼した上で最も高くワインを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ワイン買取のおすすめ業者はこちら

また、ラ・ターシュのワインに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

ラ・ターシュの価値と概要

ワイン【ラ・ターシュ】ラベル

ラ・ターシュとは、かの有名なロマネコンティ社が所有している赤ワインであり、「DRCラ・ターシュ」とフルネームで表記されていることもあります。
DRCとはロマネコンティ社の頭文字を取ったもので、「Domaine de la Romanee-Conti(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)」の略称です。

普通のワインでは収穫されたブドウの風味によって味わいに差が生じてしまうため年ごとのバラつきは否めませんが、ラターシュはどの年でもそれほど味わいに変化がなく、バラつきの少ないワインとして知られています。
よって、高級ワインで失敗したくない場合など幅広いシチュエーションで重宝されている銘柄でもあります。

ラ・ターシュに使用されるブドウは「ピノ・ノワール種」といった種類で、黒ブドウの女王との異名を持っています。
「ピノ・ノワールのない世界には住めない」という言葉があるほどに赤ワインには欠かせないブドウですが、栽培に非常に手間がかかることでも有名です。
原産地はフランスのブルゴーニュ地方ですが、現在はアメリカやニュージーランドでも栽培に成功しており産地ごとに違う繊細な味を持っていることが特徴です。

ラ・ターシュはこのピノ・ノワール種をロマネコンティ社が単独所有する特級畑で栽培し、生まれている高級ワインです。
畑面積は現在では6.06haとロマネコンティ社が所有する畑の中では比較的大きいのですが、当初はワイン「ロマネコンティ」よりも小さな畑でした。
隣に位置する畑を買収して現在の広さを誇るようになり、丘陵の斜面を上下に200メートルの長さに分布する縦長の畑となったのです。
それ故、斜面の上と下では土壌が大きく違っており、上部のブドウは重厚さを、下部のブドウは繊細な味わいを醸し、ブレンドすることによってラ・ターシュ特有の深い風味が生まれているのです。

そして収穫されるブドウの性質が土壌によって異なることで、例え外れ年のヴィンテージであったとしてもブレンド技術により味わい深いワインを作り出すことが出来ます。
ゆえに、上記で述べた「バラつきの少ないワイン」としての高い評価を得ているのです。
ワインの生産地として有名ですが生産量が極めて少ないブルゴーニュの中でも生産量と品質ともに安定しており、当たり年となるとロマネコンティを上回る味わいだと評価されることもあります。
「ロマネコンティの弟」と呼ばれることもあるラ・ターシュは、1929年のものにはなんと8万8125ドルと高額な値段がついた記録も残されており、数々の愛好家たちを古くから唸らせてきたことが窺えます。

DRCラ・ターシュはロマネコンティ社が販売している特級ワインの中でも3番目に高い価値を持っており、平均販売価格でも約30万円にのぼる高級ワインです。
その中でもさらに高額な年のものは数々あり、例えば2005年のラ・ターシュであれば約270万円ほどの高値で流通しており、ワイン買取においても非常に高い値段で売ることが出来ます。
2005年のラ・ターシュはロバート・パーカー氏のパーカーポイント評価で99~100点という高得点を獲得しており、世界のワイン業界から垂涎の的となっている希少な一本です。

2005年のものより価格は低くなってしまいますが、1990年のラ・ターシュも90万円以上の価値を持っており、状態が良ければ買取価格も50万円ほどになると予想されます。
こちらもパーカーポイントで95点を獲得しており、世界中から非常に高い評価を得ている一本です。
他、ワイン評論家であるロバート・パーカー氏はこちらのラ・ターシュを年ごとに評価している場合が多く、一概には言えませんがパーカーポイントで高得点を取っているほどに評価が高く、お酒買取においても高く売れると考えて良いと私は思っています。

ロバート・パーカー氏とは世界的で最も影響力のある有名なワイン評論家で、その評価によってワインの値段にも大きく影響を与えている人物です。
消費者の視点からワインの評価をするためにあくまでも個人的な評価にすぎませんが、その指標はワイン界にとっても重要となっており、今やワインの流通の価格をも左右するほどなのです。
パーカーポイントが付いているラ・ターシュは数多くありますし元々の値段も高いワインですので、ラ・ターシュはお酒買取をするうえで是非ともオススメしたい一本です。

しかし価値のあるラ・ターシュといわれても、ワインに詳しい方なら知識があるのでだいたいの買取価格は予想できるかと思いますが、お酒に詳しくない方であれば価値のあるラ・ターシュを見分けるのは非常に困難ではないでしょうか。
もし高い価値を持っているラ・ターシュだと知らずに安く売ってしまっては非常に勿体ないですし、後で価値を知ったときに後悔してしまうはずです。
ラ・ターシュに限らず高価なお酒の買取依頼をするときは必ず複数のお酒買取業者から見積もりを取り、買取価格を比較することを忘れないようにしてください。

ラ・ターシュに限らずワインを買い取ってくれるお酒買取業者は数多く存在していますが、買取額はお店の在庫量や流通ルートの得手不得手、そしてお店ごとに高価買取の基準が設けられていますので、同じボトルであったとしても、提示される買取額には買取店ごとにかなり差があります。
元々の値段が高い高級なワインであるとその差額は10万円以上にものぼることも多々あり、買取店選びこそ慎重に行う必要があるのです。

現在はラ・ターシュのラベルの写真を撮影し、それをお酒買取業者へと送って問い合わせするだけで、その買取店のおおよその査定額を教えてもらうことが出来ます。
複数の業者へ同時期に質問することができるので便利な方法ですし、お酒の現物を直接見せることなくおおよその価値を知ることが出来ますので非常にスピーディです。
いくつかの買取業者へ買取価格を質問したのち、最も高い値段で買い取ってくれるお店へと依頼すれば損をすることを防ぐことが出来ますし、問い合わせしたからといって必ずそこで買い取ってもらう必要はありませんので、気楽に試すことの出来るオススメの方法です。

このホームページで記載している買取業者は見積もり・買取などの諸費用はかからず全て無料で行っているところをピックアップしていますので、メールで査定を依頼してみて買取金額に納得いかなければキャンセル、といった方法を取っても問題ありません。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

ワインはできるだけ早く売る方が良い

これはに限らず【ワイン全般】に言えることですが、ワインを売ろうと考えているのであれば早めに売る事をおすすめします。
その理由も、高価なワインであればあるほど、品質の保持が素人知識では困難であり、保存状態で価値はどんどん落ちていくからです。

ワイン愛好家であればワインセラー等の専用の保存環境を整えていますし、本物のマニアであればワインを保存する為だけの空調設備が整った部屋を一つ用意するレベルです。
【ワインは生き物】と例えられる程繊細なお酒ですので、飲みもしないワインは価値が落ちる前に早く売ってしまう事が鉄則なのです!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール