酒買取業者徹底比較!

シャトー・ペトリュス買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、シャトー・ペトリュスについても紹介します!

  1. シャトー・ペトリュス買取
シャトー・ペトリュス買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

シャトー・ペトリュス買取におけるおすすめ酒買取業者

ワイン【シャトー・ペトリュス】

シャトー・ペトリュスはお酒の種類で言うと【ワイン】に属します。
ですので、シャトー・ペトリュス買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際に様々なワインの買取を依頼した上で最も高くワインを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ワイン買取のおすすめ業者はこちら

また、シャトー・ペトリュスのワインに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

シャトー・ペトリュスの価値と概要

ワイン【シャトー・ペトリュス】ラベル

【シャトー・ペトリュス】はフランスのボルドー地方でつくられるワイン(ボルドーワイン)です。
シャトー・〇〇という名称のワインが数多く存在しますので、ワイン好き以外の方が【シャトー・ペトリュス】と聞いてもピンと来ないかもしれません。

ですが、【シャトー・ペトリュス】は世界で最も高額で取引されているワインの一つと言われており、シャトー・ペトリュスの価値の高さは五大シャトーをも上回ります。
もちろんただ価値が高いだけでなく、長い時間をかけて高められたその品質は、「シャトー・ペトリュスは世界最高のワイン」と称されるほど評判が高いです。
また、「シャトー・ペトリュスの飲む事はアメリカ上流社会のシンボルである」とも言われるほど、世界で認められているブランドでもあります。

ですが、シャトー・ペトリュスは初めから世間に認められたワインではありませんでした。
【シャトー・ペトリュス】自体は19世紀前期から製造されてはいましたが、当時は全く無名のワインでした。
注目を浴びだしたのは1878年のパリ万国博覧会にて、様々な有名シャトーが出品されている中で金賞受賞してからです。

この時期にワインとしての品格やブランドは知名度は上がりましたが、現在の様に世界で認められる程ではなく、「知る人ぞ知る優良ワイン」というレベルのものでした。
現在の様に世界で認められるトップクラスのワインとなり始めたのは1925年からです。

1925年に偉大なワイン製造者であるエドモン・ルバがシャトー・ペトリュスの株式を買い始め、製造に関わるようになりました。
エドモン・ルバは「シャトー・ペトリュスこそが世界最高のワインである」と強く考えており、誰よりもシャトー・ペトリュスの事を評価していました。
エドモン・ルバが強い意志をもってシャトー・ペトリュスの改良を重ね続ける事で、【クリュ】に並ぶ価値のあるワインだと認められるようになりました。

更に、1945年にワイン商であるジャン=ピエール・ムエックスがシャトー・ペトリュスの独占販売権を獲得した事をきっかけとして、国際的な評価がされていくようになります。
クリュに並ぶワインであったシャトー・ペトリュスは次第に世界的に高い評価を受けていくようになり、現在に至ります。

世界最高のワインと言われているだけあり、シャトー・ペトリュス価値はかなり高いです。
普通に手に入れようとしても、30万円は必要ですし、高いものでしたら軽く100万を超える金額で取引もされています。
ですので、シャトー・ペトリュスは買取に関してもかなり良い価格で売れます。

私が実際にシャトー・ペトリュスを売ったわけではありませんが、取引の価値自体が高く、更に希少性も高いお酒であれば、買取相場はかなりよくなります。
これだけ高価なワインですので、お手元にあれば一度は飲んでみたいと思いますが、そこまでワインに興味がない方であればシャトー・ペトリュスの買取を検討すると良いでしょう。

>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

ワインはできるだけ早く売る方が良い

これはに限らず【ワイン全般】に言えることですが、ワインを売ろうと考えているのであれば早めに売る事をおすすめします。
その理由も、高価なワインであればあるほど、品質の保持が素人知識では困難であり、保存状態で価値はどんどん落ちていくからです。

ワイン愛好家であればワインセラー等の専用の保存環境を整えていますし、本物のマニアであればワインを保存する為だけの空調設備が整った部屋を一つ用意するレベルです。
【ワインは生き物】と例えられる程繊細なお酒ですので、飲みもしないワインは価値が落ちる前に早く売ってしまう事が鉄則なのです!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール