酒買取業者徹底比較!

DRCリシュブールの買取価格、価値、概要についてご紹介

  1. DRCリシュブール買取
DRCリシュブール買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

DRCリシュブール買取のおすすめ業者

ワイン【DRCリシュブール】

DRCリシュブールを含めたワインを高く買取してくれるおすすめ業者は下記ページにて紹介していますので、そちらのページをご覧ください。

また、DRCリシュブール以外のワインの買取価格や価値、概要を知りたいという事でしたら、下記ページにてワインをリスト形式で一覧で紹介していますのでそちらをご覧ください。

このページでは、DRCリシュブールの買取価格や価値、歴史など、DRCリシュブールとはどういうワインなのかという詳細情報を説明していきます。DRCリシュブールについて知りたい方はぜひ参考にしてください!


DRCリシュブールとは?

ワイン【DRCリシュブール】

ワイン【DRCリシュブール】はロマネコンティ社が所有する希少な赤ワインで、当たり年はかの有名なラ・ターシュにひけを取らない高評価を受けることでも有名です。

しかし生産量が非常に少なく、伴って希少性も高いワインのためお酒買取においても高額で売ることの出来る銘柄です。※DRCリシュブールの「DRC」とはロマネコンティ社の頭文字を取ったもので、「Domaine de la Romanee-Conti(ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ)」の略称です。

DRCリシュブールについて詳しく説明する前に、DRCリシュブールの買取相場目安を一覧で紹介します。

DRCリシュブールの買取価格一覧

  • DRCリシュブール2002 750ml
    買取価格:140000~180000円
  • DRCリシュブール2003 750ml
    買取価格:140000~180000円
  • DRCリシュブール2004 750ml
    買取価格:110000~130000円
  • DRCリシュブール2006 750ml
    買取価格:100000~120000円
  • DRCリシュブール2007 750ml
    買取価格:100000~120000円
  • DRCリシュブール2009 750ml
    買取価格:140000~180000円
  • DRCリシュブール2010 750ml
    買取価格:110000~130000円
  • DRCリシュブール2011 750ml
    買取価格:110000~130000円
  • DRCリシュブール2012 750ml
    買取価格:140000~180000円

※付属品の紛失や状態によって、上記より値段は下がります

DRCリシュブールの由来と概要

ロマネコンティはブルゴーニュワイン最高峰の生産者として名高く、リシュブールの他にもかの有名な「ロマネコンティ」や「エシェゾー」「ラ・ターシュ」なども所有している一大企業です。

ロマネコンティ社が所有するリシュブールの特級畑はの面積は3.51haとロマネコンティに次ぐ畑の小ささとなり、それ故に生産量も非常に少ないのです。 出荷されるのは年間で約1000ケース程であり、特に高い評価を得ている年のものは価格が高騰しています。

そんなリシュブールの畑はロマネコンティ畑のすぐ北に位置し、「ピノ・ノワール種」のブドウを使用し、酸味やタンニンの渋さなども円やかに抑えられています。 芳香はまるで「百の花の香りを集めてきたような香」と形容され、熟成するにつれて華やかさと艶やかさが生まれる深い味わいを有しています。

果実味に富んだ華やかな風味と落ち着きのある味わいを持つリシュブールは、数ある中で最もブルゴーニュらしいワインだと評価されることもあります。 リシュブールの名前は「富んだ」という意味のリシュと「豪村」の意味を持つブールを合わせて付けられたものであり、その味わいはこの立派な名前に決して引けを取りません。

雑談ですがリシュブールはワインブームの火付け役となった漫画の「神の雫」に登場し、日本の若い世代へも広く知られるようになりました。 神の雫は国内だけで500万部、世界では1000万部もの累計発行部数を突破し、テレビドラマも放送されるほどの絶大な人気を得た漫画であり、このシーンと同じ体験をしてみたくリシュブールを求める人も多かったようです。

リシュブールはロマネコンティには及びませんが非常に高い価値を持つワインで、その価格は平均して20万円以上となります。 ロマネコンティ社が所有する特級ワインの中では4番目に高額であり、ワイン買取においても高い買取価格となる銘柄ですので、家に眠らせているのであれば是非ともお酒買取をお勧めしたい一本です。

お酒買取においても高く売ることの出来るリシュブールですが、実はリシュブールはロマネコンティ社のみが製造しているわけではありません。

ブルゴーニュの神様と呼ばれたアンリ・ジャイエ氏が過去に小作人として働いた畑の「アンリ・ジャイエ リシュブール」も非常に高い値段で売ることが出来ます。 2015年にアンリ・ジャイエ リシュブールの1985年が世界で最も高価なワインとして発表されたことも記憶に新しく、市場での人気はまだまだ高いものとなります。

リシュブールは元々の価値が高額ですが、年号によっては非常に高い値段で買取してもらえる場合もあります。しかし、リシュブールは基本的に年号によって価値が分かれていますのでラベルやボトルデザインに大した違いはなく、ワインに詳しい方でないと価値の高いリシュブールを見分けるのは難しいのです。

基本的にリシュブールはどれでも高く売ることが出来ますのでそのまま買取依頼をしても十分な金額を手にすることが出来ると思うのですが、リシュブールに限らずお酒の買取価格はその買取業者ごとに異なっており、高価買取の基準も少しずつ違います。

言ってしまえば、リシュブールや例えばロマネコンティなどの元々の値段が高いワインであれば、差額が何十万にも上ることがあるのです。

上記リストにて一覧で買取価格の目安を挙げていますがワインの買取相場は状態によっても大きく左右されますので、上記よりも高い可能性も十分にあります。ですので、DRCリシュブールの正確な買取価格を知るのであれば、買取業者のサイトの問い合わせフォームから写真を添付したメールをお酒買取業者へと送るだけで正確なお酒の買取価格が判明しますのでおすすめです!
そして、DRCリシュブールを少しでも高く買取してもらうためには、なるべく複数のお酒買取業者から相見積もり取るようにしましょう。

また、お酒買取店によって在庫状況や高額買取の基準はそれぞれ異なるために、お酒買取では相見積もりを取ることが鉄則ともいえるのです。
私がこのホームページで紹介しているお酒買取業者は査定料は全て無料で、高くお酒を買取してくれた業者さんですのでそちらも是非参考にしてください。

ワインはできるだけ早く売る方が良い

これはに限らず【ワイン全般】に言えることですが、ワインを売ろうと考えているのであれば早めに売る事をおすすめします。

その理由も、高価なワインであればあるほど、品質の保持が素人知識では困難であり、保存状態で価値はどんどん落ちていくからです。

ワイン愛好家であればワインセラー等の専用の保存環境を整えていますし、本物のマニアであればワインを保存する為だけの空調設備が整った部屋を一つ用意するレベルです。 【ワインは生き物】と例えられる程繊細なお酒ですので、飲みもしないワインは価値が落ちる前に早く売ってしまう事が鉄則なのです!

  • 7月のおすすめ買取業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール