酒買取業者徹底比較!

サッシカイア買取におけるお勧め業者をご紹介します!
また、サッシカイアについても紹介します!

  1. サッシカイア買取
サッシカイア買取におけるおすすめの買取業者を紹介します。

サッシカイア買取におけるおすすめ酒買取業者

ワイン【サッシカイア】

サッシカイアはお酒の種類で言うと【ワイン】に属します。
ですので、サッシカイア買取におけるお勧め業者は下記のページをご覧ください。
実際に様々なワインの買取を依頼した上で最も高くワインを買取してくれたお勧め業者を紹介しています。

>>>ワイン買取のおすすめ業者はこちら

また、サッシカイアのワインに限らず様々な種類のお酒の買取をお考えであれば、このサイトでは総合的なお酒買取におけるお勧めのお酒買取業者もご紹介していますので、そちらもご参考にしてください。


お酒買取業者比較はコチラ

サッシカイアの価値と概要

ワイン【サッシカイア】ラベル

サッシカイアとはオルネッライア、グラッタマッコと並ぶ三大ボルケリの一角で、イタリアワイン好きであれば知らない人はいないほどの有名な銘柄です。
サッシは石、カイアは場所という意味を持ち、その名の通り石の多い畑であり、カベルネ・ソーヴィニヨン(ワイン用のブドウの一種)の苗木を育てるのに最適な土地であったといわれています。
結婚によって広大な土地を引き継いだインチーザ・デッラ・ロケッタ家はボルドーワインを愛飲していましたが、第二次世界大戦によってフランスからのワインの輸入が滞り、それならばと自家製ワインの製造に乗り出したことがサッシカイアの始まりとなっています。

1944年にボルドーから持ち込んだカベルネ・ソーヴィニョンの苗木を作付し、そこから製造される自家製ワインは瞬く間に評判を博し、1970年代には幅広く一般販売が行われるようになりました。
1978年にはイギリスの有名なワイン雑誌が主催するテイスティング会にベスト・カベルネ賞を獲得し知名度が更に高まり、1980年代には一躍有名ワインの座に躍り出、一大ブームを巻き起こしました。
カベルネ・ソーヴィニョンとカベルネ・フラン(ブドウの一種)をバリックで仕立て上げるという方式を取り、その常識破りなスタイルと深い味わいが高く評価され、かつてのトスカーナの規定を越えたとも称され「スーパートスカーナ」という新たなカテゴリを世に生み出した銘柄としても有名です。

イタリアワインの中では最高級を誇るサッシカイアですが、イタリアワイン自体の価格がそれほど高額でないこともあり、市場で流通している価値も大体2万円前後が目安となっています。

しかし現行品であればそのくらいの価値に留まってしまうものの、ヴィンテージワインとなれば価値が急上昇し、お酒買取においても高価買取が期待できます。
例えば1998年のサッシカイアであればその価値は70万円を超えることもあり、希少な一本として重宝されています。
他にも2001年のサッシカイアは60万円ほどの高額がついていることもありますので、家で眠っているサッシカイアが驚きの高額に化ける可能性もあるのです。

そしてサッシカイア半値以下という手ごろな価格でイタリアワインを楽しむことの出来るレ・ディフェーゼや、サッシカイアのセカンドライン的な位置づけのグイダルベルトなども人気があります。
こちらの2種はサッシカイアと比較すれば安価で発売されているために買取価格も低くなりがちに思えますが、一概にそうは言えません。
確かに一般的なグイダルベルトの販売価格は3000円から4000円前後となっていますが、価値のある年代のものであればその倍ほどの価格で取引されていることもあります。
価値のあるボトルであれば比例して買取価格も上昇しますので、飲まずに家で眠らせているのであればお酒買取の利用をおすすめします。

しかし価値のあるサッシカイアを見分けるのは、お酒に詳しい方であれば知識があるので簡単ですが、詳しくない方であればどれが価値のあるボトルか分かりにくい状態になっているのではないでしょうか。
サッシカイアのラベルデザインは基本的にどれも同一で、価値のあるボトルだからといって特別派手な装飾がなされているわけではありません。
そのため買取で高く売ることの出来るサッシカイアを見分けるのは困難で、個人でお酒の価値を調べるのにも限界があります。

現在は写真を添付したメールをお酒買取業者へと送信しどれくらいの価値があるか質問するだけで、その買取店のおおよその査定額を教えてもらうことが出来ます。
複数の業者へ同時期に質問することができるので便利な方法ですし、お酒の現物を直接見せることなくおおよその価値を知ることが出来ますので非常にスピーディです。
問い合わせしたからといって必ず売らなければいけないことはありませんので、査定額に納得がいかなければキャンセルしてしまっても大丈夫です。

お酒買取店ごとにワイン高価買取のポイントは少しずつ異なってきますので、同じボトルであってもお店ごとにそれぞれ違う値段が提示されます。
同時に3、4店から見積もりを取ることが出来れば買取店ごとの査定額を比較することが出来るので、その中から最も高い買取価格のお店を自分自身で選ぶことが出来ます。
>>>おすすめお酒買取業者の一覧はこちら

ワインはできるだけ早く売る方が良い

これはに限らず【ワイン全般】に言えることですが、ワインを売ろうと考えているのであれば早めに売る事をおすすめします。
その理由も、高価なワインであればあるほど、品質の保持が素人知識では困難であり、保存状態で価値はどんどん落ちていくからです。

ワイン愛好家であればワインセラー等の専用の保存環境を整えていますし、本物のマニアであればワインを保存する為だけの空調設備が整った部屋を一つ用意するレベルです。
【ワインは生き物】と例えられる程繊細なお酒ですので、飲みもしないワインは価値が落ちる前に早く売ってしまう事が鉄則なのです!

  • 現在おすすめ業者!
  • おすすめお酒買取業者スピード買取はこちら
ページ上部へスクロール